Versant

発音アプリELSAと瞬間英作文でスピーキング基礎強化チャレンジ[Versant]

本記事は、チャレンジ&検証企画です。タイトルの通り

発音アプリ ELSA瞬間英作文で、1か月でどのくらいVersantの得点があがるのか

英語で取り組んでいた大きなものがひと段落したので、またベースアップにとり組みます。特に発音と基本的な文構成力を強化したいので、あれこれ手を出さずに1冊でやりこもうかと。

目標を決めないとだらだらしてしまうので、1ヶ月間実施し、前後でどのくらい変化したかを確認。

評価に使うのは、Versantという英語スピーキングテスト

Versantは総合スコアのほかに、各分野のサブスコアが出ます

  • 語彙
  • 文章構文
  • 発音
  • 流暢さ

苦手分野が出てくるので、「発音」と「文章構文」のスコアの点数アップを目指します

TOEICなどに比べて、まだ情報が少ないテストなので、どの程度伸びたらどのくらい点数があがるのかはまだ不明。

ので、それも今回少し測れたら…と思います。

Yomeko
Yomeko
プラス5点くらいかな…?となんとなく思っております

Versantって何?という方はこちらの記事をどうぞ

ちなみに過去のチャレンジシリーズはこちら。

Yomeko
Yomeko
なんだかんだと、ブログで公開してひとりチャレンジするたびに得点があがるので、宣言は大事かも

勉強内容

メインで使用するのは、この2つ

  1. 発音アプリ:ELSA
  2. 瞬間英作文本:英会話クイックレスポンス

発音アプリELSA

AIによる発音矯正のアプリ。

判定をしてくれるだけではなく、自分の発音がどうなっているのか(正しい発音と何が違うのか)1つ1つ発音記号で示してくれます。

文章が長いので、100を目指すのは難しいのですが、80点(合格点)になったら次に進むという形で取り組む予定

英会話クイックレスポンス

瞬間英作文ロールプレイの会話文というシンプルな構成。200ページ以下の薄い本です。

この本にしたのは、内容がビジネス向けで、文法別になっているのがメリット

簡単すぎるかなとも思ったのですが、意外とすぐに英文が出てこないところもあったのでちょうどよいかと。

実施予定
  1. ELSA のレッスン (無料部分のみ): 80%以上になったら次へ
  2. クイックレスポンス:瞬間英作文
  3. クイックレスポンス:英文のみシャドウイング

後半には、パートE:要約とパートF:自由回答 の練習もいれたいなと思いつつ、前半はELSAとクイックレスポンスでやっていこうと思います

勉強記録

チャレンジ結果:スコアの変化はこちら

-今後埋めていきます-

チャレンジ前のVersantスコア

–2021.6月初旬–

まずは発音アプリELSAのレポートがこちら

そして、Versantの勉強前スコアがこちら(ちょうどひと月前にも受けたので、どっちも載せてます。)

Yomeko
Yomeko
目標は安定したB1+。あわよくばB2ですね

受験の感想記事はこちら↓

勉強後のVersantスコア

–2021.6月末–

前後の変化

 

まとめ

Yomeko
Yomeko
チャレンジ後に記入します