英語学習

英単語通しの繋がり。リンキングとイントネーションのリズムを知ろう。

先日、英語の発音についての記事を書きました。

そこ書いたのは、発音が必要な理由と単語発音について。

カタカナ英語は通じない!? 発音ってどう上達させたらいいの? 英語を勉強するのに、発音って必要なの?苦手だし、恥ずかしいし、難しそう…。 本記事の内容 英語の発音練習って必要?学ぶべ...

今回はその続きになります

本記事の内容

英会話(文章)の発音を上達させる、リンキングとイントネーションリズムとは何か。

単語がつながると音が変化する。英語特有のリンキング。

さて、各文字単語についての発音がつかめたら、今度は文章です。

I like music.

のように、単語と単語が集まって文章ができるとき、日本語にはあまりみられない、リンキング(linking)というものがあります

リンキングは、リンク(Link)という言葉通り、前の単語と後ろの単語がくっつく。その時に前後の言葉が続けて発音され、音が変化することを言いますることを言います

例えば

an apple  アン アッポー

は、 N と A がくっついて A ではNA と発音されます。

anapple  アナァポー

他の例をあげると

I love you アイラブユー

I loveyou  アイ ラビュー

と発音。これは、わかる方も多いのではないでしょうか。

自分が発音するときも、このリンキングができた方が伝わりやすいです。

逆に、リンキングを知らないと、残念ながらリスニングも厳しいです。

英語のイントネーションにはリズムがある。強く読む音と弱く読む音。

英会話を聞いていると日本語とは違い、何だかリズムの強弱があることを感じることも多いかと思います。いわゆるイントネーションというやつですね

強くなって、弱くなって、強くなって、弱くなっているような波のようなんですよあります

意味が分からずに聞いていると、ただキリのいいところで強弱をつけて話しているようにも聞こえますが 実際は違います

内容語を強く読み、機能語が弱く読んでいるのです

It is so great to see you. という文なら、

It is so great to see you.

というように、意味を伝える文章を強めに、それ以外の補語は弱めに読まれます。

また、代名詞は既に会話に出てきた場合、2回目以降は弱く発音されます。

His mother [hiz] → His mother [iz] 

のように変化します。

これらは、テキストである程度理解しておいて、あとは、リピーティングやシャドウィングによって実際に練習していきましょう。教材は次の章で紹介します。

リンキングと英語のイントネーションが知りたい場合のおすすめ教材。

私が実際に使用したのはこちらの教材です。

この本のタイトルに「ボトムアップ式」とあるように、リスニングの細かい部分を理解して、全体的にレベルアップする本です。

CDの中で本編後に収録されている、レクチャー部分には、目からうろこのリスニング&発音ルールが満載です。ここまで詳しく、丁寧に書かれているようなサイトは、見たことがありません。

すぐにできなかったとしても、CDを聞きながら、一通り目を通し、発話練習しましょう。

Yomeko
Yomeko
徐々に英語レベルがあがっていると、習得できるものも増えていきます。まずはルールを知らないと始まりません。

本編のドラマ部分はネイティブの会話のスピードで進むので初心者向けではありません。中級レベルになったら、本全体を通して一度トライしてみましょう。

まとめ

各単語の発音と同時に必要となる文章のリズム。リンキング&リエゾンを知って、ネイティブに近い発音への一歩を踏み出そう。