洋書で英語学習

洋書で英語学習するなら、KindleでGraded Readersの多読がオススメ

せっかく英語を勉強したし、洋書を読むことにチャレンジしてみたい。どんな本から読めばいい?
多読ってTOEICにも効果あるの?

Yomeko
Yomeko
英語学習者の方には Kindle でGraded Readersを読むのがおすすめです

私はもともと読書が好きで、 英語学習の早い段階から、洋書は気になっていました。

しかしいざ読んでみると、普通の洋書(ペーパーバック)のあまりの難しさと字の細さに速攻で挫折

ちなみに最初に買ったのは、スティーヴン・キングの短編集

いきなり洋書でも、短編ならいけるかなと思ったんですが、全然そんなことなかったです

しかもこれ、わざわざ取り寄せて結構お高かったんですよね…Kindleにすればよかったのに…

それから色々と調べて、英語学習者向けのグレーデッド・リーダーズGraded Readers)という本があることを知りました。

そして 電子ブックの Kindle でGraded Readersを読みあさることへと、方向転換。 

100万語を越えたころには、TOEICのリーディングで、時間が余るようになりました

そんな経験からこの記事では

  • 初心者にGraded Readers がオススメの理由
  • 紙の本ではなく Kindle を使った方がいい理由

について、書いていきます。

こんな方におすすめ
  • 英語学習者で、これから洋書にチャレンジしたいと思っている
  • 洋書を試してみたけど、難しくて挫折した
  • Graded Readersについて知りたい

初心者ならGraded Readers からスタートすべき

英語学習者、特にこれから洋書に挑戦する初心者に、Graded Readers がおすすめな理由。

理由は単純に1つです

最初からペーパーバックに挑戦すると難しすぎて挫折するから

知らない単語、 分からない言い回し、 細いフォントで埋め尽くされた見開きページ…

もう、最初の短編すら、読みきることができませんでした

しかし、そんな私たちのためにあるのが、グレーデッド・リーダーズ。(Graded Readers)なのです

そもそも、Graded Readersってどんなもの?

Graded Readers とは…?

難易度別にレベル分けされた英語学習者向けの本

単語だけでなく、使用される文法もレベルによって変わる

オリジナル作品からクラシック、ベストセラーまで種類が豊富

自分に合ったレベルで、好みの本の多読ができる学習者向けの洋書

なので、自分に合うレベル、あるいはそれよりも一歩低いところからスタートしていけば、自分が知らない単語や構文で、つまづくことが少なくなります

挫折することなく、徐々にレベルアップしながら、洋書に慣れていけるという点が最大のメリットです

Graded Readersを選ぶための、自分のレベルがわからない

じゃあどのレベルからスタートすればいいの?
Yomeko
Yomeko
まずは出版社のレベル表を参考に、サンプルを読んでみましょう

自分に合ったレベルの基準については、出版社より以下の目安がでています。

自分に合ったリーダーを選ぶ目安

1. 知らない単語が1ページに3語以下
2. 1分間に8~10行ペースで読める
3. 読んでいる内容の大意が理解できる。

Oxford University press より引用

Peason Graded Readers と Oxford Readersのレベル表をもとに作成したレベル表の目安がこちら(横スクロールできます)

レベルStarterレベル1レベル2レベル3レベル4レベル5レベル6
CEFR~ A1~A2~A2+~B1~B2~B2+~C1
英検~3級~準2級~2級~2級~準1級~準1級~1級
TOEIC R60~60~115~115~275~275~385~
見出し語
(上:Pearson
下:Oxford)
~200
~250
~300
~400
~600
~700
~1,200
~1,000
~1,700
~1,400
~2,300
~1,800
~3,000
~2,500
主な
文法
現在形
現在進行形
接続詞
肯定文/ 否定文
疑問文
命令文
過去形
不定詞
動名詞
接続詞
否定命令文
未来形(will)
比較表現
原級
比較級
最上級
直接話法/間接話法
接続詞
否定疑問文
過去進行形
現在完了形
受動態
不定詞
不定詞
(形容詞的用法)
不定詞
(副詞的用法)
分詞
関係代名詞
重文/複文
現在完了進行形
過去完了形
受動態の現在進行形
受動態の過去進行形
関係詞の非制限用法
仮定法過去
未来進行形
過去完了進行形
仮定法過去完了
未来完了形
助動詞+have+
過去分詞

※ 正確な分類が見たい場合は下記リンク先を参考にしてください。

そのほかにもレベルガイドや、単語テストでレベルをはかるようなサービスも↓

レベル表はあくまで目安です。

TOEICのリーディングの点数や英検の級が同じでも、文法が得意な方もいれば、長文が得意な方と様々です。

なので、まずは読んで、まずはサンプルを読んでみて、自分で実感してみるのが一番かなと思います。

自分のTOEICなど点数を参考にして、当てはまるところの1つ下のレベルのサンプルを読んでみましょう

なぜ、1つ下かというと、自分のレベルより、若干レベルが低いの簡単な本をたくさん読むということが英語多読を継続&成功させるコツだから。

レベルの選び方
  • レベル表を参考に、まずはサンプルを読んでみる
  • その時の自分の感触に合わせて、本のレベルを調整する

自分に合ったリーダーを選ぶ目安

1. 知らない単語が1ページに3語以下
2. 1分間に8~10行ペースで読める
3. 読んでいる内容の大意が理解できる。

Oxford University press より引用

どの本を選べばいいの

Yomeko
Yomeko
絵本よりもグレーデッド・リーダーズから選びましょう

 グレーデッド・リーダーズは学習者向けといえども、古典から、映画化された有名なストーリ、書下ろしのオリジナルまで幅広く揃っています。

例えば、既に内容を知っている有名な本を英語で読めば、おおよそのストーリーも分かるので、ストレスが少ないですし、

逆に新しいストーリーが読みたいのであれば、オリジナル作品も選べます。

 

おすすめ グレーデッド・リーダーズ

※Amazon の商品ページが開きます。

沢山ありすぎて選べないという方は、ベストセラーや好みのジャンルから選びましょう。以下の記事も参考にどうぞ

英語多読で何からを読むか迷ったら、Graded Readersのベストセラーから読んでみよう英語多読におすすめなGraded Readers(語彙制限本)何からよんだらいいか迷っている方に、レベル別のベストセラーを紹介。好きなジャンルから選んで読んでみてください...

初心者に紙の本よりもKindleをおすすめする理由

これから洋書を読み始めるなら、ペーパーバックよりKindleの方がおすすめです。

KindleとはAmazonの電子書籍サービスです。

Kindleを使用するメリットは、以下の通り

  • 辞書機能で、わからない単語をすぐに調べられる
  • 文字の大きさが調整できる
  • コスパがいい
  • Amazon Kindleなら洋書も充実
  • 読みたいときにすぐ読める

順番に説明していきます。

 

辞書機能で、わからない単語をすぐに調べられる

一番のメリットはわからない単語をすぐに調べられることです。

洋書を読んでいるときに一番引っかかりやすいのが、知らない単語

もちろん、調べずに周囲の文章から意味を予想するという方法もありますが、

あまりに分からない単語が続くと、予想も難しいですし、

せっかく出会った単語をスルーしてしまうのも、ちょっともったいないですよね。

かといって、いちいち単語を調べるのは、面倒ですし、ストーリーに集中できません。

じゃあどうすればいいの

そんな時に便利なのが、Kindleの辞書機能。わからない単語を長押しするだけで、すぐに意味を調べられます。

調べた単語は後からフラッシュカードで復習できる

それから、一度調べた単語は後からフラッシュカード形式で復習ができます。

たまたま出会った単語でも、フラッシュカード機能で復習していけば、ボキャビル強化にもつながりますね。

文字の大きさが調整できる

実際に洋書を見たことのある方ならわかると思いますが、洋書ってフォントが小さいんです。

英語ってことただでさえ読むのが大変なのに、細かくて行間の詰まった英文を見ていると、

うっ

っとなります。

しかし、電子書籍なら文字を大きくしたり、行間を調整ができるので、自分が読みやすいレイアウトで読書ができます。

また、フォントも選べるので、お好みの読みやすいフォントで読書を楽しめますね。

レイアウトや文字は読みやすさへの影響大!

コスパがいい

紙の本と Kindle の本を比べると、 Kindle の本の方が安く買えることがほとんど。

たいてい1~2割安い価格で購入できます。

特に、簡単な本をたくさん読むことが、 英語多読では重要になってきますので、単価が少しでも安いというのは、長い目でみると大きなメリットですね。

 

Amazon Kindleなら洋書も充実

そして Amazon はアメリカ発祥ですので、楽天の電子書籍:Koboなどに比べて洋書が充実しています。

Kindle Unlimited という月額制の読み放題サービスに登録している場合、無料で読める冊数は増えます。

いきなり洋書を買うのはちょっと…

などという方でも、無料の本サンプルの試し読みで、洋書がどんなものなのか見てみることができます。

Kindle Unlimitedは 洋書だけでなく、英語学習関係の本や日本語の本、マンガ・雑誌も充実しているのでおすすめですよ。

Yomeko
Yomeko
私も使ってます!

隙間時間にすぐ読める

 Kindle は読みたい時に取り出せばすぐに読めます。

例えば、スマホなどに Kindle アプリを入れておくと、ちょっとした隙間時間にも読み進めることができます

”洋書”というと、身構えてしまって、ちょっと億劫になってしまい、

時間に余裕があるときに読もう…

なんて思ってしまいがち。

そして、先延ばし先延ばしになってしまい、なかなか進まないということに…。

しかし、ちょっとした空き時間に、少しでも洋書に触れることができるという環境を整えることで、少しずつ洋書の読書習慣がついていきます

Kindleには同期機能がありますので、普段は読みやすい Kindle の端末を使って、時々スマホなどで読むという場合でも、ちゃんと読み終えたところから、読み始めるということができます。

本が届くのを待つ必要がない

また、本を買うのも手間がかかりません。

気になる本があって、購入を決めたら、ダウンロードしてすぐに読み始めることができます。

洋書はなかなか本屋には売っていないので、オンラインなどで注文することが多いと思いますが、届くのを待っているうちに読みたい気持ちが覚めてしまうなんてこともありがち。

しかし、Kindleなどの電子ブックであればそのようなことはなくなりますね。

Kindle端末はどれにすればいい?

アプリなどで試してみて Kindle が気に入った方は、集中できて読みやすい Kindle 端末での読書がおすすめ

Kindle端末のメリットは

  • フロントライト方式で、スマホと比べて目が疲れにくい
  • 本物の紙のような読み心地のインクスクリーン搭載
  • アプリからの通知などがないので読書に集中できる
  • お風呂でも使える防水機能付き端末もあり

Kindleには主に3種類の端末があり、値段が上がれば上がるほど機能は増えます。

自分のお好みの読書スタイルとコストで比較して選びましょう


Kindle 通常版

Kindle
Paperwhite


Kindle
Oasis
特徴 コスパ◎のエントリーモデル
ライト有で暗くても読める
一番人気モデル
防水機能あり
解像度◎
画面大
色調機能
画面回転
容量 8GB 8GB / 32GB 8GB / 32GB
接続 WiFiのみ WiFiのみ
WiFi + 4G
WiFiのみ
WiFi + 4G
価格 8,980~ 13,980~ 29,980~
詳細を見る詳細を見る詳細を見る

Yomeko
Yomeko
私はPaperwhiteを愛用中

読書時間がとりにくいなら、聞く読書:Audibleもおすすめ

なかなか読書時間が取れない方におすすめなのがオーディオブック。

有名どころはこの2つです。

Audibleaudiobook.JP
特徴Amazon の聞く読書
1,500 円
洋書が充実
毎月1コイン(実質1冊 無料)
ビジネス・自己啓発系の書籍が豊富
自分の読書量に応じてプラン選択可
0~33,000 円
聞き放題 750円
詳細詳細を見る詳細を見る

英語学習者なら、特にAmazonのオーディオブックサービス、Audibleがおすすめ

日本語の本も多数あるのですが、Amazonは特に洋書が充実しているのがいいところ。

なかなか洋書を読む時間がなくても、耳だけ開いている時間に読書可能。

リスニングに自信がない方は再生スピードを落としてきくことができます

絵本などのシンプルで短い本からスタートし、何より楽しむのが、挫折しないコツ。

まとめ

英語学習者がこれから洋書を読むなら
  • 読む本は、自分に合ったレベルが選べるグレーデッド・リーダーズから選ぶ
  • 紙の本でなく、Kindleを使って読書

という方法が一番挫折しにくいのでおすすめです。

Yomeko
Yomeko
ぜひ、洋書の読書を楽しみましょう