英語力×副業

英語スキルを活かそう。在宅でできる英語の副業をパターン別に紹介。

英語で在宅副業

在宅でできる英語の副業を始めたい。どんなものがある?
せっかく英語を学んだから、それを使ってみたい

大人になってから英語を学んだり、過去に留学経験があり英語力があるあなた。

英語スキルを活かして副業をしてみたいと思いませんか?

せっかく学んだスキルだし、使わなければ英語力はどんどん落ちてしまう。
何かに活かしたいって、思いますよね。

でも、どんなものがあるの?

副業などをしたことがなければ、いったいどんな仕事があるのかよくわかりません。
こんな悩みも出てくるでしょう。

  • 英語を使う副業はしたいけど、英会話教室など時間や場所に縛られるのは嫌
  • 在宅でできるけど翻訳はハードル高すぎ
  • どこで副業を探したらいいかわからない。
cry-woman

そこで本記事では、英語を使う副業の中でも、PCなどを使用して在宅でできる仕事を紹介していきます。

英語を使って何かに挑戦してみたいと思ったら、ぜひ本記事を最後まで読んでみてください。

在宅でできる英語の副業には、どんなものがあるの?

在宅でできる英語を使う副業

まず、本記事で紹介する仕事をリストアップします。

英語スキルで稼ぐ

  1. 文書翻訳
  2. 動画翻訳(字幕作成)
  3. オンライン通訳
  4. 英語ナレーション

英語や学習法を教える

  1. オンライン英会話講師 
  2. 英語の添削
  3. 試験採点
  4. 英語学習コンサル 

英語を使ってビジネスをする

  1. 輸出入物販サポート
  2. メッセージ代行

英語に関する情報発信をする

  1. Webライター・ブログ(留学経験・オンライン英会話など)
  2. 海外の情報の発信 (海外ニュース、ビジネス、エンタメ情報など)
  3. 英語でのSNS 運用の代行(Twitter、インスタグラムなど)

英語スキルで稼ぐ

英語を活かす在宅副業2

まずは王道の英語スキルで稼ぐ仕事。

高いスキルが求められるため、難易度は高いですが、高単価の案件が多いのがメリット。

個人が発注できるクラウドソーシングでは、難易度に見合わない低単価の案件もありますので、受注前に内容をしっかり確認しましょう。

文書翻訳(日本語→英語/英語→日本語)

英語から日本語、日本語から英語へと翻訳をする仕事です。

Google翻訳やDeepLのような翻訳ツールが使える場合もありますが、まだまだ不自然な訳になってしまったり、抜けている主語が補完されて意味が変わってしまっている訳もあります。

ですので、最終的には自分の目で1文1文チェックして仕上げます。

クラウドソーシングサイトでも、翻訳案件は常に一定数ありますが、内容や単価もピンキリ。 

取扱説明書のような技術文章からウェブサイトのようなものまで様々。

英語力はもちろん、日本語力・背景知識・専門知識が求められる高度なスキルですね。

Yomeko
Yomeko
機械翻訳にはない部分が求められます

また、PowerPoint や取説の翻訳などでは、翻訳だけでなく、文書のレイアウトの調整なども含まれる場合もあります。

誤訳を防ぐためには、文書そのものだけではなく背景の調査なども必要になります。

案件を探す場合は、全く馴染みのない分野ではなく、知識や興味のある分野の案件を探しましょう。

翻訳の求人なら、量・質ともに翻訳専門のアメリアが一押し
求人情報だけでなく、翻訳スキルや翻訳で仕事をするための情報も豊富です。

動画翻訳(字幕作成)

YouTube などの動画に字幕をつける仕事。最近の動画ブームで、需要は増加中です。

英語動画を翻訳する場合、スクリプトがなければリスニング力も必須ですが、YouTubeなら自動生成の字幕も活用できます

Yomeko
Yomeko
海外動画を見るのが好きな方などは、楽しい仕事かも

翻訳だけでなく、字幕入力まで仕事に含まれている場合もありますので、受注前に内容をよく確認しましょう。

ちょうどいいタイミングで合う字幕を入れるなど、翻訳力とは別の工夫が必要になってきます

クラウドワークスで翻訳の仕事をさがす

英語難易度:★★★★☆

オンライン通訳

昨今の感染防止対策や、リモートワークの推進で、オンライン会議が増加したことにより、通訳もオンラインで対応するケースが増えています。

オンライン通訳は、通訳が会議の場に同席するよりも安く、手軽さやコスパの面でも徐々に広がっています。

通訳という仕事に加え、ネットリテラシーなども求められるため、難易度は高いですが、その分報酬も高くなります

たいていの求人では採用に当たりレベルチェックもあり、申し込みも英語だったりしますので、中級~上級者の方向けの副業になります。

英会話力に自信がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

英語ナレーション

動画やアニメなどに英語のナレーションをつける仕事。

AIによる音声読み上げは、文章で行うとまだまだ不自然な部分があり、強調や抑揚も表しにくい状態。ですので、人による読み上げはまだまだ需要があります

ネイティブ限定となっていることもあり、相当な英語発音力が求められますが、その分供給が少なくライバルが少ないのも魅力の1つ

スピーキングに自信がある方にとっては面白い仕事だと思います。

クラウドワークスでナレーションの仕事をさがす

英語難易度:★★★★★

英語や学習法を教える

英語・学習法を教える在宅副業

次は、日本人向けに英語や英語の学習方法を教えるような仕事です。

人と関わることが多い分野ですので、コミュニケーションをとるのが好きな人にも向いている分野です。

オンライン英会話講師

オンライン英会話で、日本人講師はいつも人気があります

日本人講師が人気な理由
・英語では伝えられない微妙なニュアンスが伝わる

・英語で言いたい内容を、日本語で説明できる

・日本の英語学習環境が分かるので、学習するうえでの悩みをわかってもらえる

オンライン英会話は1レッスンあたりで報酬が受け取れる成果報酬型が基本。
つまり、生徒さんが来てレッスンを受けてもらわないと、時給はグッと低くなってしまいます。

しかし、日本人講師は人気があるので、ほぼ予約で埋まっています

ですので、待機時間が多い事により時間単価が下がる心配が少ないのは安心ですね。

Yomeko
Yomeko
私の愛用しているネイティブキャンプでは、日本人講師は一定数レッスンをすれば、無料で授業が受け放題というメリットも!

英語でフリートークなどの自信がない方は、特定のコース(文法、初級レッスンなど)のみを担当することも可能です。

英語の添削 /翻訳チェック

すでに翻訳されている文章を添削する仕事。チェッカーなどとも呼ばれます。

翻訳などに比べれば単価は多少低いですが、スピーキングは苦手でも、文法力に自信のある。というような方に特におすすめです。

クラウドソーシングサービスやココナラにもありますが、翻訳関連ならやはりアメリアが一番。求人が多く、職種の範囲も広いです。

試験採点

選択式ではなく、自由記述の模試などをマニュアルの採点基準に従い採点する仕事。

正確な文法や構文の知識が必要になりますが、何度も採点をすることで、自分自身の文法力も上がっているのはメリット。

ほかにも、学生の通信教育などでの課題の添削などもあります。受験などで、文法や英作文などを頑張った方におすすめです。

求人サイトなどで不定期に募集を見かけますので、求人サイトや企業の採用情報をチェックしましょう。

英語学習コンサルタント 

英語そのものでなく、英語学習方法のサポートをするのが英語学習コンサルタント

有名なところではRAIZAP Englishなどがこのようなサービスを展開していますね。

特に大人の独学では先生のような存在がなく、学習法などで迷ってしまうことがありますよね。そんなときに生徒さんに寄り添ってアドバイスをするのが、英語学習コンサルタントです。

自身が学んだ経験や誰かに教えた経験が、これからやる誰かの役に立つというのが嬉しい仕事ですね。

コンサルは生徒さんが募集する形ではなく自分でサービスを出品して生徒さんを募集することになります。スキルマーケット ココナラが利用者も多くておすすめのサービスです。

英語を使ってビジネスをする

英語でビジネス・情報発信の在宅副業

輸出入物販サポート

海外商品を輸入して国内で販売したり、 国内商品を海外のオークションサイトなどで出品するビジネスeBay BUYMAなどのサイトを利用し、国内外の価格差を利用して、利益を出します。

ご自身でやる場合は、アカウントを作り、製品をリサーチして、出品、発送をしていきます。

しかし、国内のように配送がしっかりしていなかったり、国際発送の業者などがわからなかったりと戸惑う部分もあり、いきなり始めるのは少しハードルが高いかもしれません。

そんなときは、すでにやっている方のサポートから入ってどんなものかを勉強することから始めるのがいいでしょう。輸出入せどりのサポート副業は、

  • 作業がマニュアル化されており初心者でも取り組みやすい
  • それほど高い英語力は必要ない
  • クラウドソーシングでも常に案件がある

などというメリットがあり、初心者がファーストキャッシュを得るにはハードルが低く取り組みやすいです。

簡単な分、単価は安いので、バランスを考えての受注が必要。

特にデータ入力やリサーチのみは、低単価の場合が多いので注意!

クラウドワークスでやってみて作業が合うようだったら、実際にご自身で輸出入せどりにチャレンジしてみましょう。

Yomeko
Yomeko
うまくいけば収益は跳ね上がりますよ

クラウドワークスで英語の仕事をさがす

メッセージ代行

 Airbnbの民泊などをやっている方などの、海外からの英語の問い合わせを代行したり、海外企業への問い合わせメールの代行などもあります。

問い合わせ内容などはマニュアル化されていることが多く、こちらも初心者にとっては特に取り組みやすいでしょう。

企業さんが募集している場合は、安定して仕事があるケースが多いのもメリット。

電話などを代行する場合は、相手企業の時間に合わせる必要があります。

自分が対応可能な時間なのか、募集内容は応募前によく確認しましょう。

Yomeko
Yomeko
相手のビジネスアワーに合わせるので、北米なら、日本の早朝、EU圏なら日本の夜に仕事がくることになります

クラウドワークスでメッセージ代行の仕事をさがす

英語に関する情報発信をする

Webライター(留学経験・オンライン英会話など)

英語に関する経験などを日本語の記事で執筆る仕事です。

英語学習への日本人の興味関心は高いため、常に一定の募集があります。

あなたがこれまで経験してきたことも、これからやる方にとっては貴重な情報

特に文章を書くのが好きだったり、自分の体験談をシェアしたりしたい方にはオススメ。

クラウドワークスでWebライターの仕事をさがす

文章を書くのが得意なら、自分でブログを立ち上げて発信することも1つです。

WEBライターとは違い、自分が一番伝えたいことをかけ、サイトなどを作りこめるのも魅力の1つ。

しかし、ブログは育つのに時間がかかり、なかなか収益にはつながらないにくいのが難点。
ですので、WEBライターと並行して取り組んで、文章力を上げていくのがおすすめですね

海外の情報の発信 (海外ニュース、ビジネス、エンタメ情報など)

一方、自分で海外の情報を発信することも副業につながります。

英語ができると、日本語だけよりも何倍も多くの情報が入手できますよね。

それを日本人向けにブログやSNSで発信することで、収益につながります。

ブログなどで自分で発信する方法もありますし、先に書いたようにWebライターとして記事を書く方法もあります。

英語でのSNS 運用の代行(Twitter、インスタグラムなど)

最近クラウドワークスで見かけるようになったのが、SNS運用代行を英語で行うSNS代行。

世界中どこからでも、物が買える時代になり海外に向けてサービスを広めたいという需要は高まったています。

英語力だけでなく、SNSでの経験などがあればより仕事がもらいやすくなります。

もっといろいろな案件を知りたい方は、実際にサイトでどんな仕事があるか見てみましょう。

クラウドワークスでSNS代行の仕事をさがす

英語の副業はどこで探せばいい?

いろいろ副業があるのはわかったけれど、どこで探せばいいの?
Yomeko
Yomeko
個人ならクラウドソーシングサービスが主流です

個人で受注するなら、クラウドソーシングサービス

個人で仕事を受注する場合はクラウドソーシングサービスが主流。

クラウドソーシングとはは、仕事をお願いしたい企業や個人と、仕事がしたい個人の間で、仕事を依頼できるお仕事マッチングサービス

案件も多く色々な仕事があるので、自分に合ったものを選べます。これから始める方は、利用者数が多く、人気のこちらのサイトから始めましょう。

案件も多いので、様々な仕事が見られます。

おすすめクラウドソーシングサービス

クラウドワークスとランサーズはどっちがいいの?

クラウドワークスとランサーズは似てるけどどっちがいいの?
Yomeko
Yomeko
無料なので、両方登録しましょう。

機会を逃さないために、クラウドワークスとランサーズはどちらも登録しておきましょう。

登録自体は無料になっていますので、両方のサイトに登録して、どんな案件があるかを定期的にチェックしておくことが重要です。

自分でサービスを出品したいならココナラ

既にある依頼から探すのではなく、自分で提供したいサービスがあるなら、個人が出品できるココナラを使いましょう。

ココナラは副業アイディアの宝庫。クラウドワークスなどにはない、ユニークな出品がたくさんあります。

価格はほかの出品者のサービスやココナラ以外のサービスでの相場を見て調整していきます。

Yomeko
Yomeko
あまりに安すぎる価格設定は、自分が大変になるので気をつけましょう

クラウドソーシングサービスを使う場合の注意点

クラウドソーシングは個人が仕事を請け負うことになりますので、いろんなことが自己責任になります。

利用する際に気を付ける点はこちら

  1. 報酬単価を確認する 
  2. クライアントとこまめに連絡を取り合う
  3. 自分の英語力にあう仕事を受ける

報酬単価を確認する 

クラウドソーシングサービスの仕事は、報酬が安い場合が多いです。

企業にやとわれる時給単価のアルバイトと違い最低賃金のようなものがないので、時給いくらのような保証はありません

また、依頼者側が相場感を持っていない、(つまり、買い叩くなどの意図ではなく、単純にかかる工数の予測がついていない)ような場合もあります。

低単価の例としては、5分程度かかる英語の電話対応。

1件につき50円なら1時間やって1時間行っても600円です

成功報酬であることが多く、電話がつながらない場合は0円ということもありますので、実際にはもっと低くなってしまうことも。

でも、いきなり高単価の仕事なんてとれないよ…

良い条件のものはライバルも多く、なかなか最初は仕事が受注できません.

ですので、まずは0→1で稼ぐ。ことを優先する。

仕事に慣れるためと実績を作るために最初は安い案件で受注するにしても、ゆくゆくは単価が見合うかどうかをきちんと計算して受注するようにしましょう

Yomeko
Yomeko
翻訳はある程度実績を積んだら、翻訳者ネットワーク「アメリア」のような翻訳者向けのサービスへの移行もありです。

私もアメリアは1年くらい入会していましたが、求人数や種類が多く、なかには未経験でもトライアル応募できるものもありました。

クライアントとこまめに連絡を取り合う

クライアントさんとはチャットなどで連絡を取り合うこともあります。

進捗なども含め、こまめに連絡を取り合うことが重要です。

特に不明な点は、自己判断せずに確認することが必須

曖昧なまま進めてしまっては、やり直し作業が発生したり、納期が遅れてトラブルになったりすることも考えられますので気を付けましょう。

自分の英語力にあう仕事を受ける

英語を使う仕事は様々ありますが、特になれないうちは無理をしないことをおすすめします。

クライアントは、お金を払っている以上、一定の質のものを期待します。

もし、あなたが自身の英語力よりもレベルの高い仕事を受けてしまった場合、納期に間に合わなかったり、品質に満足してもらえない恐れがあります。

自分の評価を下げてしまう可能性もありますので、最初は無理をせずに、できそうな案件からチャレンジしましょう。

在宅で、パソコンを使って手軽に始められる仕事だとしても、きちんと報酬が発生するビジネスだという意識が一番重要です。

副業はスキマ時間で出来るお手伝いではなく、ビジネス

まとめ

在宅でできる英語副業
  • 英語で稼ぐ副業にはいろいろある
  • 初心者はハードル低いところからスタート
  • クラウドソーシングは単価を確認
  • 低単価案件は、収入よりも実績作り。もちろん手は抜かない。
  • 【重要】副業は隙間時間仕事ではなく、ビジネス

Yomeko
Yomeko
まずは実際にどんな案件があるのか、無料登録してチェックしてみましょう

英語を使って稼ぐ方法や英語を武器にした転職については、こちらの記事もどうぞ