英語力×転職

英語力×稼ぐ力。英語で収入を上げる行動3パターン

せっかく英語ができるようになったから、使いたいけどどうすればいいのかな?
Yomeko
Yomeko
実際に収入をあげる行動を起こしましょう
  • 英語を学んで人生を変えたい
  • 今の職場を抜け出したい
  • もっと収入をあげたい

そう思ってたけれども、いざ英語ができるようになったところで、一体何をしたらいいかわからない
そんな状況に陥っていませんか?

英語を学んでも使わなければ生活は変わりません。せっかくのスキルを眠らせておくなんてもったいない

その英語力を活かして、収入をあげることができれば、人生が変わる大きなきっかけになります。

【本記事の内容】

  • 英語で収入をあげるパターンを3つ紹介
  • 具体的な方法と気を付けること

もちろん英語を学んだからといって、必ずしもお金に変えなくても構いません。
収入につなげなくても、英語を楽しむ方法はたくさんあります

例えば

  • 英語のサークルに参加する
  • 海外ドラマを楽しむ
  • 海外のインフルエンサーの SNS を見る
  • 旅行で使う

などなど。

この記事ではあくまで、英語を学んで、今の状況を好転させたいという方を対象に書いており、そうでない方を否定する意図はありません

英語を学んで稼ぐ
アラサーからでも遅くない。英語を学んで稼ぐ方法を見つけよう英語を学ぶだけでなく、英語で稼ぐ方法につなげるための方法を5ステップで解説。...

英語力をお金に換える3つのパターン

英語で稼ぐパターン

英語を学んでそれを活かしたい。収入につなげたいと考えた場合、大きく分けて3つのパターンがあります

  1. 今の職場で給料アップを目指す
  2. 転職して収入アップを目指す
  3. 副業を始めて副収入を増やす

これらは、必ずしも高い英語力が必要なわけではありません

色んなパターンを見て、自分にどれができそうか考え、少しずつでも行動を起こしていきましょう。

パターン1:現職で給料アップを目指す

まずは、今自分がやっている仕事に活かす方法です。
環境を大きく変えることがなく、+αする形になるので、取り組みやすい方法でしょう。

①もらえる手当を増やす

まず、簡単にgetできるのが、規定などできまっている手当です。例えば…

  • 海外旅行などの出張手当をもらう
  • TOEICや英語関連の資格手当をもらう

などなど。手当に関しては、たいていの場合、条件さえクリアすれば貰えます

特に、TOEICに手当がある場合、年に何度も試験があるので他の資格試験よりもチャンスの回数が多いです。
会社の規定の中で、英語に関する資格手当がある場合は、ぜひ挑戦してみましょう

TOEIC LRで特定のスコア取得者に手当を支給していると答えた企業は33.4%

数値引用:iibc英語活用実態調査2019 より

②基本給額を上げるパターン

現職で給料をあげる方法。もう1つは、月々の給料のベースアップ
例えば…

  • 仕事の幅を広げる
  • 昇進試験に合格する
  • 役職があがる
  • 仕事内容が評価され、人事考課が高くなる

英語ができることによって、できる仕事の幅は確実に広がります
収集できる情報が増えたり、海外とのコミュニケーションができたりするようになるからです。

英会話には自信がないなぁ…
Yomeko
Yomeko
英語を使う仕事と言っても、高い英語力は必要ないものも。

例えば、メールなら即答を求められるわけではないので、翻訳ソフトなども活用して挑戦できます。

ただ、残念ながら、現職で給料のベースアップという方法には問題が2つあります。

  • 給料が上がる確実性が低い
  • 達成できる場合でも、時間がかかる

英語ができるようになった場合に、

  • どのくらい仕事に影響させられるか
  • 新しい仕事に取り組めるか
  • 評価はどれほどあがるか

これらは会社や企業文化によっても大きく変わります
ですので、影響度はケース・バイ・ケース。

わたしの場合はどうなんだろう?

会社の中でどんなチャンスがあるかわからない場合は、さりげなく自分の同僚や先輩、他部署の話を聞いてみましょう

  • 英語力があると活かせそうな仕事は社内にあるか
  • 実際に英語力を仕事に活かしているような人はいそうか

聞いてみたけど、あまりなさそう…

現職に活かしていくことが難しそうだなと感じる場合は、次の選択肢を検討します。

パターン2:転職する

短期的な収入アップの可能性が最も高いのは、転職
なぜなら給料の水準はその業界によって決まってくるからです。

飲食業界と金融業界で比べると、金融業界のほうが圧倒的に高収入。
例えばおなじ”営業”という職種でも、働く業界を変えるだけで、年収は大きく変化します。

さらに、英語ができる人の方が収入が高い傾向があるというのは、データにも表れています。

詳しくは、以下の記事を参考にしてください↓

もし、あなたが英語を学んでいるのであれば、転職をすることによって年収アップが期待できます
英語ができる人材はまだ日本では不足しているので、転職活動も有利になります。

年収アップの転職を目指すなら、転職サイトと転職エージェントを併用していきましょう。

転職サイトと転職エージェントはそれぞれ違ったメリットがあります。

転職サイトのメリット

  • 求人の数や種類が多い
  • 自分が考えてもいなかった職種の情報がある
  • どのような需要が多いのか、市場感覚を掴むことができる
  • 自分のペースで就活できる

転職エージェントのメリット

  • 自分の希望や手持ちの経歴にマッチした求人を紹介してもらえる
  • 職務経歴書や履歴書の添削を受けられる
  • 自分の強みやこれまでの経験・スキルの言語化などのアドバイスがもらえる
  • 応募企業にあった面接対策などの情報がある

2つを併用することで転職サイトと転職エージェントのいいとこどりができ、それぞれのデメリットを補うことができます。


転職エージェントのデメリット:求人を紹介してもらえるが求人数が少ない
→求人が多い転職サイトを見ることで、どんな仕事があるか、どんな求人が多いかを実感できる
→自分見つけた求人をエージェントに伝えて、似たような非公開求人を探してもらるか相談

Yomeko
Yomeko
この場合、どんなポイントがいいと感じたかをしっかり伝えましょう(例:年収、在宅勤務、職務内容)

一方、転職サイトにもデメリットがあります。


転職サイトのデメリット:すべて自分ひとりでやらなくてはいけない
→自分に合った求人がわからない。書類がなかなか通らない
→転職エージェントならアドバイスや添削、面接対策を受けることができる
→添削してもらった書類を転職サイトの求人応募に使うのもOK

ですので、転職サイト、転職エージェントどちらか一方だけではなく、両方登録しておきましょう。

Yomeko
Yomeko
英語未経験でしたら、転職エージェントはこの2社がおすすめ。私も使ってました

おすすめサービス

リクナビNEXT(転職サイト)

リクルートエージェント(転職エージェント)

doda(サイト&エージェント両方の機能あり)

すでに実務経験があり、英語に特化したハイクラス求人が気になる方は、「英語特化の転職エージェント」を使いましょう

高収入・マネージャー候補など、より条件のいい仕事に出会えます。

英語特化のエージェント

英語転職.com(JACリクルートメント)

グローバル転職には、エンワールド

転職するなら「英語」×「○○」のかけ算が有利!

中途の転職であれば、これまでの仕事でのスキルや経験値が使えるのが大きなメリット。

「スキルや経験」と「英語」をかけ算することで、今よりもいい条件での転職活動が可能になります。

でも、私はスキルなんて別にないし…
Yomeko
Yomeko
あなたが当たり前にやっている何気ない事も、他の方からみたらすごく難しいことかもしれませんよ

自分にとっては当たり前なので、案外気がつかないんですよね。
同僚や友人など身近な人に聞いてみてはどうでしょう?

なかなかそんなこと聞ける人いないよ~

っていうあなた……

私もで~す。(´・ω・)人(´・ω・)) てわけで、大丈夫!

どんなスキルが求められるかは、まず知ることから。
おすすめはコチラ。会社は変わっても通用するポータブルスキルについての本です。

広く浅くたくさんのスキルが載っているので、「あ、これ自分に当てはまるかも」や「今はないけど、このスキルなら伸ばせるかも」というものが1つくらい見つかります。

Yomeko
Yomeko
ちょっと多いので、目次を見て気になるスキルから読むのもあり

そして一番確実なのは、転職エージェントに相談すること。

エージェントは、無料で転職相談をすることができます。
利用したからと言って、必ず転職案件に応募する必要はありません。

自分の経験の活かし方や、市場価値の高いスキルは自分ではなかなか気づけないもの。

他人からの客観的な意見で気づいたことが、自分のアピールポイントにつながります。

まずは転職エージェントと話してみて、自分は「英語×○○」のどんなかけ算ができるかを深堀りましょう

おすすめ転職エージェント

\登録・相談にお金はかかりません/

リクルートエージェント

doda

グローバル転職には、エンワールド(英語特化・ハイクラス)

パターン3:副業する

3つ目は、副業です。

「英語を使って収入を増やす」と考えた場合、一番ハードルが低いのは副業から始めること

なぜなら、リスクが少なく、変化幅も小さくてすむから

まずは英語力を使って稼ぐ行動してみたい!

というのであれば、副業から小さく始めてみるのは手堅い選択です。

でも、英語で副業するって想像つかない。どんなものがあるの?

っと、なかなかイメージがわきませんよね。

英語力が使う副業は、例えばこんなもの

ここにあげたのは一部。

在宅でできる英語を使う副業については、以下の記事に詳しくまとめていますので、こちらもご覧ください。

特に今の時代はPCを使った副業が取り組みやすくてオススメ。

時間に縛られないので早朝や仕事後などの自分の生活にあった時間ですすめることができます。

副業はオンラインが主流。在宅で副業をするために身につけるべき5つの力

たしかにいいかも。でもそんな仕事どこで探すの?

オンラインで英語を使う仕事を探すから、クラウドソーシングサービスを使いましょう

クラウドソーシングサービスは、仕事をお願いしたい企業や個人と、仕事がしたい個人の間で、仕事を依頼できるお仕事マッチングサービス。

案件単位で個人で仕事を受けることができます。

「英語」と言っても様々な種類のものがあり、英語力が高くなくても取り組めるものもあります

例)日本語でできる英語関連の仕事

  • 英語教材・アプリの使用感アンケート
  • 英語の勉強方法の記事作成
  • オンライン英会話のレビュー

例)翻訳サイトなどを活用して取り組める仕事

  • 海外サイトのリサーチ
  • 輸出入せどり

他にも、ここには書ききれないくらい様々なものがあります。

ですので、まずは登録して、どんな案件があるのかを自分見てみるのがおすすめです。

大手で利用者が多いサービスはこちら

求人を見て仕事に応募する

クラウドワークス

ランサーズ

自分でサービスを出品する

ココナラ

Yomeko
Yomeko
実際にサイトで求人を見ることが一番わかりやすいです

まとめ

英語力で収入を上げたいなら

英語力を稼ぐ力に繋げるパターンはこの3つ

  1. 現職で給料アップを目指す
  2. 転職で収入アップする
  3. 副業する
  • せっかく学んだスキルは活かそう 

自分でもできそう。これならやってみたい。と感じるようなものはありましたか?

どれだけいい成績をとっても、学んでばかりで行動ができていないままでは、人生は何も変わりません

英語力が高い人は収入が高いというこちらの記事でも書きました通り、英語力が高いのに収入が低い人は、英語力をお金に換える行動をしていない人です。

英語を学び、海外ドラマや海外セレブのSNS、旅行中のコミュニケーションを楽しみたい。と言うならも良いと思います。

でも、もしあなたが、英語を学んだことによって、仕事や人生を少しでも変えたいと思うのであれば、そのための行動を起こす必要があります

Yomeko
Yomeko
まずは最初の一歩から始めましょう

◆年収アップがしたいなら無料でプロに相談

おすすめ転職エージェント

\登録・相談にお金はかかりません/

リクルートエージェント

doda

グローバル転職には、エンワールド(英語特化・ハイクラス)

◆副業を試してみたいなら、まずは案件チェック!

求人を見て仕事に応募する

クラウドワークス

ランサーズ

自分でサービスを出品する

ココナラ

英語を学んで稼ぐためのロードマップは、以下の記事に詳しく書いてあります。
こちらも合わせてどうぞ。

おすすめ書籍