TOEIC

TOEICの疑問。なぜ、TOEIC 900点なのに話せない?

アイキャッチ

あなたはこんな話を聞いたこと、あるいはネットで見たことはありませんか?

TOEICの勉強は役に立たないよ。
だってTOEIC 900点持ってたって、全然しゃべれないっていうじゃん。

私が学生の頃は英検でしたが、最近はTOEICの点数=英語力 で語られるのが主流です。

 

英語を勉強してるって言うと、

「えっ、じゃあTOEICは…?」などと聞かれたり、

転職サイトで英語力が必要な求人に対し、目安として出てくるのも「TOEIC ○○点」だったりします。

そのため、「TOEIC 900点なのにしゃべれないじゃん」ということも、

主にTOEICは役に立たないという批判の根拠として、よく言われます。

TOEICは英語の基礎力があるかどうかを測るには、非常に優れたテストです。

信頼性が高く、合否ではなく点数で結果がでるので、自分の基礎英語力のスケールとして、使い勝手が良い。

英語力が変わらなければ、だいたい同じスコアを取得。誤差はせいぜい50点くらいでしょう。

しかし、そこにスピーキングをからめるのは、少々無理があるというのが私の考えです。

この記事では、TOEIC900点なのに話せないとはどういうことなのか書いていきます。

こんな方におすすめ
  • TOEIC ハイスコアなのに、英語が話せないことに悩んでいる
  • TOEIC 900点をとって英語がペラペラになりたいと思っている
  • ハイスコアで入社した新人の実際の英語力のギャップに戸惑っている。

この記事でいうTOEICとはTOEIC LR 試験を指します。

あまり知られていませんが、TOEIC にはSWという、スピーキングとライティングのスキルを測る試験も存在します。

 

結論:TOEIC の900点は英語が話せるという根拠にはならない

今回は結論から書きます。

TOEIC 900点 = 英語が話せる …ではありません。

この疑問自体が、そもそもおかしいんです。

TOEIC 900点なのにしゃべれない。という疑問がそもそもおかしい

TOEICハイスコアなのに、どうしてしゃべれないの?

この疑問は、

TOEIC 900点 = 英語がしゃべれる

という前提があるからでてくるものです。

しかし、TOEIC LRはあくまで、リスニングとリーディングの試験

スピーキング力を測るものではありません。

効率は悪いですが、TOEICの問題集や参考書をひたすらインプットしていても高得点をとることは可能です。

スピーキングの練習をしていなければ、話せないのは当然

TOEIC ハイスコアということは、英語の基礎力はある状態だと思います。

しかし、スピーキングはある程度の練習(アウトプット)の積み重ねが必要なため、TOEICとは別に会話のトレーニングが必要になります。

瞬間英作文や、英会話、独り言練習など、実際に使っていなければなかなか口に出てきません。

日本人は文法を気にしすぎだからしゃべれない、ということも聞きます。

 

正直、アウトプットしていなければ、文法がめちゃくちゃな英文ですら出てこないというのが現実です。

TOEICのリスニングは、実はそんなに難しくない

そうは言っても聞き取れれば何とか返せるんじゃないの?

こう思われる方もいるかもしれません。

実は ナチュラルスピードの英語と比較すると、TOEICのリスニングはかなり簡単にできています。

スピードも0.8倍くらいですし、はっきりと話してくれているので聞き取りやすい。

実際、私はリスニング470点で、TOEICのリスニングは9割は聞き取れますが、普通の英語は、聞き取り力半分くらいです。

なぜ会話力が必要なのに、TOEICが指標にされるの?

では、なぜ、英語が必要な求人などでは、TOEICの点数が目安として載っているのでしょう。

TOEIC 800点以上

と、書いているのに、面接に行ってみたら、本当に必要なのは、英会話ができる人だった。なんていることはざらにあります。

なぜなら

  • 面接で英語力を確認できる面接官がいない
  • TOEIC ハイスコアの人は、英会話力も高いと思っている
  • (少数派)英語の基礎力があれば、あとは仕事をしながら伸ばせると考えている

グローバル化の影響で、英語ができる人材の求人は増加傾向。

メール応対や英文を読む仕事など、リーディング力が求められる仕事であれば、TOEIC LRの点数が高いというのは、良い基準となります。

しかし、外資系や既にグローバルでビジネスをしている企業でなければ、英会話力を面接で測るのは困難

なので、受験生も多いTOEICでハイスコア=英語ができる という間接的な判断をせざるを得ないのかと思っています。

英会話力とTOEIC得点は関係がないのか

TOEICは英語の基礎力を測れる試験

会話にはリスニング力も求められるため、ある程度英会話力がある人がリスニングで300点とれない。などということは考えにくいです。

上司
上司
実際そのような方がいたら、ジャスチャーが上手いかか、一方的に話している

TOEIC 900点以上の集団と、500点以下の集団を集めて比較したら、英会話力は900点以上のグループの方がもちろん高くなるでしょう。

公式のデータでもLRの点数があがるにつれ、SWの点数予測もあがっています。(2007年なので、少々古いですが)

参照元:TOEIC L&R テストと S&Wテストのスコア比較表

つまり、こういうことです。

:英語能力が高い → TOEIC LRの得点が高い

×:TOEIC LRの得点が高い → 英会話力も高い

英語の運用力が高い方はTOEIC得点も高くなります。しかし、得点が高いからと言って英会話力が高いとは限りません

参考:TOEIC 935点のYomekoの会話力

サンプル数1なのであまり参考にはなりませんが、実際どの程度かをあげておきます。

【TOEIC ハイスコアの会話力】

TOEIC LR: 935点 (L:470、R:465)

TOEIC SW:270点 (S:130、W:140)

まだまだ、ジャパニッシュ。

発音も日本語っぽいし、自分で聞いても不自然に聞こえます。が、一応話せてます。

これは、TOEIC対策だけでなく、オンライン英会話、瞬間英作文、シャドウイングなど会話の練習をやってきたからです。

最後に

私はTOEIC自体を否定するつもりはまったくありません。

どちらかというと、TOEICに感謝している一人です。

なぜなら、私の英語力の基礎を作ったのはTOEICの勉強を通じてのやり込みでしたし、英語力を測る指標としても非常に役立ちました。

また英語関連テストの中では最も受験者が多く、試験も年10回あるため、オンラインでの仲間を見つけやすく、モチベーション維持にもつながります。

ただ、TOEIC ハイスコアなのに、話せないという点に関しては、「それは違うでしょう」と常々思っていたので、今回長々と書きました。

ご覧いただきましてありがとうございます

英会話を伸ばしたいなら英作文トレーニング&オンライン英会話で実践↓

予約不要。レッスン無制限のネイティブキャンプ。オンライン英会話で挫折したくないあなたに。予約不要、レッスン無制限のオンライン英会話Nativecamp。特徴とメリットデメリットについて書いていきます。...

イラスト提供:さんによるイラストACからのイラスト