読書

読書メーターとブクログどっち派?読書歴30年の私が比較。

読書管理のアプリってどれがいいの ?
Yomeko
Yomeko
人気なのは、読書メーター・ブクログ・ビブリアなど

読書をしたら記録をしよう。アウトプットをしよう。

などと、最近のビジネス本なんかではよく書かれてます。

私は手軽で、 操作もしやすく後からまとめるのも簡単という意味で、読書管理アプリの利用をお勧めします。

本って、読んだだけで終わっちゃうんだよな…
この本を読んだ、他の人の感想が見たい

読書管理アプリを使えばこんな悩みも解決できますね。

私が、使用しているのは、読書メーターブクログ

それぞれメリット、デメリットがあるので、2つを併用してます。

そこで、本記事では両方のサイトを使っている私が、読書メーターとブクログの違いを比較していきます。

Yomeko
Yomeko
あなたが利用するサービスを選ぶ参考にしてください

こんな方向け
  • これから読書記録のおすすめサービスを知りたい
  • 読書記録サイトでどんなことができるか知りたい
  • ブックメーターとブログの違いが知りたい

読書メーターとブクログの特徴

読書管理サイトの基本的な機能

読書管理のサイトってどんなことができるの?

読書メータ、ブクログ。どちらのサイトでも利用できる、基本的な機能はこちらです。

  • 本の登録 (バーコード可能)
  • 感想レビューの投稿
  • 他の方の感想デビューの閲覧、いいね、コメント
  • 読書データのグラフ表示
  • Twitter など SNS との連携(自動投稿)
  • スマホ版アプリの利用

読んだ本を記録して、感想やメモを書く。

後から、それを見返したり、他の人の感想を読んで、いいね!などをするのは、読書管理サイトの基本的な使い方です。

読書メーターのいいところ

読書メーターを使うメリットはこちら

  • 利用者数が多く交流が活発
  • 共読機能がある
  • 相性機能

利用者数が多く交流が活発

読書メーターの一番の特徴は、利用ユーザー数が多いということ。

それだけ、読書レビューの数も多く、交流も活発です。

例えば、最近直木賞を受賞した「熱源」という本のレビューを検索しても、

熱源のレビュー数

  • ブクログ  144件
  • 読書メーター 601件

と、大きく差がついてます。

Yomeko
Yomeko
レビュー数が4倍もある!

交流もブクログに比べて活発にあり、レビューを投稿すると、けっこうナイス👍!をもらえます。

自分の感想に反応が欲しい方などには嬉しい機能。

共読機能がある

自分が読んで登録した本を、後から誰かが読んでレビューした場合

共読タブからチェックすることができます。

他の人はどんな感想を書いているのかを見ると、

本を読み終えた後でも、また違った見方が広がって面白いところ。

相性機能 

Yomeko
Yomeko
あまり取り上げられないけど、けっこう気に入ってる機能

読んだ本がかぶってる率が高い、相性のいい読書家さんが表示されます。

読んだ本を登録したり、感想・レビューを投稿するとさらに相性占いの精度があがります。気になる読書家さんがいましたらお気に入りに登録してみましょう!また、相性データの更新には1〜3時間ほどかかりますので、本を登録したら時間をおいて確認してみてください。

読書メーターの説明より引用

この機能のいいところは、自分と相性がいい人の選ぶ本は、外れが少ないところ。

選ぶ好みが似ているので、今まで知らなかった面白い本を見つけます。

ブクログのいいところ

ブクログを使うメリットはこちら

  • 読書レビューに使える機能が豊富
  • マイページが本棚。読んだ本がすぐ見える
  • Amazon アソシエイトが使える
  • 新刊ニュースやブクログ通信で本に出会える

読書レビューに使える機能が豊富

ブクログの一番のメリットは、読書レビューの機能が充実さ

  •  レビュー文字数、制限なし
  •  カテゴリ分けができる
  •  タグが使える
  •  非公開メモが使える 
  •  読書グラフがわかりやすい

レビュー文字数、制限なし

読書メーターはレビューが250文字しか書けず、改行もできません。

しかし、ブクログは長めの感想も入力可能。

いろいろ書きたいのに、文字数オーバー(泣)

ということがありません。

(タイムラインの表示は続きを読むとなり、全文は表示されません)

Yomeko
Yomeko
逆に250文字以内に納めるのは、簡潔にまとめる練習にはなるかも…

カテゴリ分け

これも読書メーターにはない特徴。

自分でカテゴリを作り、本を分けることができます。

例えば、私はビジネス系と自己啓発系は一緒でいいと思っているし、

学習系のなかでも英語だけはわけたいなどと自分好みに作ってます。

あまり細かく作るのは苦手なので、ざっくりやってます


Yomeko
Yomeko
お気に入りの作家さん達でくくるのもアリですね

タグ付け

ツイッターのようなタグづけができるので、

#本屋大賞 のようなタグで共通点のある本を探せます。

非公開メモ機能

意外と重宝しているのが、この自分だけのメモ機能。

本の内容を忘れたくない。でも、ネタバレは書きたくない!

なんて時に、ネタバレ含め内容をまとめたりするのに使ってます。

↓こんな感じ。

ネガティブな感想も、非公開メモのほうに書くことが多め。

読書グラフ

ブクログのグラフは月ごとの表示で見やすい。

読書メーターの読書グラフは直近のものしか表示されません。

数字もでてくるし、マンガと活字などをわけることもできます

マイページが本棚。読んだ本がすぐ見える

アイコンをクリックした時に飛ぶページが本棚ページです。

気になる感想などを見て、アイコンをクリックすると、その人が他にどんな本を読んでいるのか、パッと見でわかります。

ブクログ マイページ

一方、読書メーターは読書グラフや最近のレビューなどが表示されます。

読書メーター マイページ

ブクログのYomekoのマイページはこちら

Amazon アソシエイトが使える

誰かがレビューを見て、本棚から本を購入した場合、紹介料を得られます。

ユーザー数から考えると、儲けは期待しない方がいいですが、

アソシエイトを持っている方は、設定しておく方がいいでしょう

アソシエイトを利用する前に、ブクログのページを申請し、amazonから承認を得る必要があります。

申請しないで使うと、規約違反になりますので、注意

新刊ニュースやブクログ通信で本に出会える

トップページには、新刊情報やランキングが出てきます。

また、ブクログ通信というウェブマガジンのページもあり、

人気作家さんのオススメ作品や、話題の本の紹介なども豊富。

Yomeko
Yomeko
読みたい本が特に決まっていない場合などに、
気になる本に出会えるかも

読書メーターとブクログどっちを使ったらいいの?

では、けっきょくどっちを使ったらいいのか。

私が考える使い分けはこちら。

読書メーターがオススメな人

 

  • 他の方のレビューをたくさん読みたい
  • 読書家さんと交流したい

ブクログがオススメな人

 

  • 詳細な読書記録をつけたい
  • 新刊やランキングなどの情報をチェックしたい

Yomeko
Yomeko
私はブクログに細かい読書記録を書いて、
最後に読書メーターに投稿してます

まとめ

せっかくなら、読書をした後は

読書記録をつけるレビューでアウトプットしましょう。

読書メーターとブクログ比較
  • 読書メーター:利用ユーザーが多く、交流重視の方におすすめ
  • ブクログ:自分好みの読書記録や新しい本探しがしたい方におすすめ

Yomekoのページ

読書メーター

ブクログ

記録を残しておくと、あとからまとめることもできますよ↓

book-image
2019年に読んだ本一覧まとめとおすすめ紹介2019年に読んだ本の一覧とオススメ本の紹介。...