読書ハック

ブックカフェの使い方

ブックカフェって初めて聞いた。どんなとこだろう?

私がこどもの頃は、本屋で本を読むと言えば、(店員さんの目を気にしながら)ぱらぱら立ち読みする程度でした。

大学生の頃、ブックカフェという言葉は聞きましたが、本をたくさん置いてあるカフェという印象。

しかし、今ではブックカフェという、本屋とコラボしたカフェがどんどん増えてきているのです。

本記事の内容
  • ブックカフェってどんなところ?
  • ブックカフェでの楽しみ方

ブックカフェってどんなところ?

ブックカフェは文字通り、ブック&カフェ。

つまり本屋さんの中にカフェが併設されていたり、大量に本が置かれていて、読み放題のカフェです。

増えているのが、本屋併設型でタイプで、商品の本をカフェで読むことができるのが最大の特徴。

数年前までは、ブックカフェがあるのは都内ばかりでしたが、大手のTSUTAYAがブックカフェ型の店舗を広げているため、全国に広がっています。

全国ツタバのリンク

ブックカフェの利用方法

細かいルールは店舗によって異なります。入り口などに説明書きがある場合が多いですので、見つけたらよく読みましょう。

だいたい、持ち込み冊数や時間が制限されてたりします。また、制限はなくとも、混雑時には声をかけられる場合もあります。

私がよく行く蔦谷(つたや)書店は、注文1回につき1冊本を持ち込んで読むことができます。

Yomeko
Yomeko
もし、見当たらない場合は、スタッフさんに直接確認しましょう。

ブックカフェのメリット

ブックカフェを利用するメリットは、

  • 非日常:店舗ごとにコンセプトが異なる
  • 集中力:カフェの雰囲気+音で集中力があがる
  • 低コスト:コーヒー1杯の値段で本を読むことができる
  • 最新刊:人気の本、話題の本、最新刊が取り揃えてある

などです。順に説明します。

非日常:店舗ごとにコンセプトが異なる

ブックカフェと一口にいってもその形態は様々です。

照明明るめのスタイリッシュな雰囲気のお店や、

カフェの雰囲気を活かした、馴染みのあるお店。

広々とした空間が特徴的なものもあれば、コワーキングスペースやキッズスペースが入っている店舗まで。

ブックカフェが気に入ったら、いろんなお店を訪れてみるのもいいですね。

もちろん、読書に限らず、カフェとして利用したり、勉強をするのもOk

電源wifiのサービスがあるところも多いです。

集中力:カフェの雰囲気+音で集中力があがる

カフェの環境音は、集中力を高める効果があります。

特にクリエイティブ性に対しては、図書館のような静かな空間よりも、カフェのような適度な雑音(70dB程度)がある環境の方が、結果がよかった、という実験データがあります。

また、周囲に人がいることにより、自己認識力が高まります。

カフェで読書に集中している自分というイメージにより、集中力を維持しやすいそうです。

低コスト:コーヒー1杯の値段で本を読むことができる

ブックカフェでは本を購入するよりも、安く読書することができます。

本が1000円前後、飲み物が数百円くらいですから。

本自体の情報 + 素敵な空間で本を読める時間

を買えるとなれば、そのお得さははかり知れません。

最新刊:人気の本、話題の本、最新刊が取り揃えてある

図書館などでは、話題の本は予約が埋まってしまうので、本棚には並ばず、ぱらぱら見ることすらできません。

しかし、ブックカフェでしたら、話題の本や新刊本も揃っています。

ジャンルごとのランキングもあるので、どんな本が人気かも一目瞭然。

図書館で読みたい本が見つからない!?隠れている本の探し方 せっかく図書館に行ったのに、読みたい本がない。人気作家のはずなのに、全然本が置いてない。そんな不便を感じたことはありませんか?...

もしも汚してしまったら?

ここで気になる疑問をひとつ。

コーヒーがついちゃった!?どうしよう

カフェで読書というと、飲み物をこぼしてしまうようなアクシデントも考えられます。

もしも、本を汚したりした場合、どうしたらいいのでしょう?

Yomeko
Yomeko
回答:店員さんに素直に伝えましょう…

対応はお店によって異なりますが、必ず買い取りというわけでもないようです。

そのまま棚の戻すようなことは絶対にやめてください

次に読む人、購入する人、お店に迷惑がかかりますし、そもそもマナー違反です。

まとめ

図書館とはまた違った魅力のあるブックカフェ。まだ試していないかたは、一度訪れてみませんか?