大人の勉強

女性・ワーママこそ勉強すべきと私が考える理由。

社会人になってまで勉強なんて…。私は女だし、そんなに頑張らなくていい…

Yomeko
Yomeko
女性こそ勉強しておかないとリスクが高いです!

 

結論

女性こそ勉強すべき理由=就業男女格差

・職業、収入面で女性に不利な構造

私は男性だからこう、女性だからこう、というレッテル貼りは嫌いです。
しかし、残念ながら、今の日本社会は、仕事・収入面において、女性に不利にできているのが、現実です。

女性登用、一億総活躍なんて言葉も並び、徐々に改善は進んでいますが、とてもゼロとは言いがたい。

ジェンダーギャップの存在は否定しようのない事実。

もうここは、割りきって対策を考えて、自分の身を確実に守った方がいいでしょう

 

こんな方におすすめ
  • 特にスキルや資格がなく不安
  • 女性が賃金が低いのは当たり前と思っている
  • 女性、ママが働くことの現実が知りたい

女性・ママこそ勉強すべき理由

基本、私は、男女関係なく、勉強はした方が良いと思っています。

学んだことは誰にも奪われない。社会人が勉強するメリット社会人になっても勉強は必要。なぜ?どんなメリットがあるの?ということをこの記事で解説します。...

しかし女性は特に行動しておくべきだ!という意見。

理由は、特に収入や雇用形態に関して不安要素が多いためです。

仕事社会において、女性が不利になるのは、次の理由から

  1. 転職、退職を考えるイベント発生可能性が高い
  2. 男性より収入が低くなりがち
  3. 同じくらいの能力なら男性の方が有利

転職、退職を考えるイベント発生の可能性が高い

結婚、出産、育児などの時に、転職、あるいは退職を考える女性は多いです。

そして、そのような場合に男性側が転職をするというパターンはほとんど聞きませんよね。

働く女性の6割が最初の子どもの出産後に退職する

厚生労働省 男女賃金格差調査 2016年

 

言葉は悪いですが、女性が犠牲になることは、いまだに暗黙の了解になっています。

本人が納得しているのであればそれも一つのやり方ですが、 少なからず不満を感じている人もいるかと思います。

 

男性より収入が低い

男性を100とした場合、女性の平均年収は73

厚生労働省 男女賃金格差調査 2016年

 

この男女差は年々少なくなってはきていますが、いまだに3割程度男性のが高い。

この収入差が発生する理由には、大きく分けて2つの要素が絡んでいます。

  1. 女性は非正規での雇用が多い。
  2. 昇進する女性が少ない。

出産時に退職をして、そのあとでパートなどの非正規雇用で復職するようなケースが、よくあります。

正社員の場合に比べると、基本のお給料も低くなりがちですし、ボーナスもない場合が多いでしょう。

しかしあなた自身がスキルを身につけて、付加価値を上げれば、あなた自身の市場価値=単価は高くなり、高収入が期待できます。

Yomeko
Yomeko
もちろんただ勉強するだけでなく、それを仕事に活かす必要あり

 

同じくらいの能力なら男性の方が有利

余裕のない会社は女性を採用したがらない。

これは大っぴらには言われないでしょう。男女雇用機会均等法違反になるからです。

でも、某大学の医学部入学試験にて、男女間の点数調整が行われ、合格点なのに女性だからという理由で不合格になっていたニュースを、覚えている方もいるのではないでしょうか?

昭和じゃないですよ。2018年のニュースです。

 

でも、雇う側として考えた時に、時短や突発休暇のリスクのある社員を抱えるには、ある程度の余裕が必要なんだと予想します。

それでも、採用したい!と思わせるために、スキルや実績であなたをとるべき価値をアピールする必要があります。

勉強することで得られるメリット

勉強することによって得られるメリットは次の4つです。

  1. 就職活動が有利になる
  2. 収入があがる
  3. 就業の選択肢が増える
  4. 自信がつく

就職活動が有利になる

上に書いたように、女性は人生において、

就職活動を必要とするイベントが出てくる可能性が高いです。

またイベントなどが発生しなくても、自らの環境をとスキルをマッチさせるために転職を考えることも、今の時代では珍しくありません

就職活動をする場合には、もちろん知識やスキルがあった方が有利になり、内定が決まりやすくなります。

 

収入があがる

転職などを考えていない場合でも、スキルが上があがり、それを仕事で活用できれば、

昇級などにより給料があがる可能性があります

特に、ワーキングマザーなどは、残業で稼ぐという方法が取りにくいので、スキルを上げて単価を上げる方向でかんがえるのが現実的。

自分のためにも会社のためにも有益です。

人生の選択肢が増える

勉強してスキルを付ければ、あなたの選択肢は増えます。

例えば

  • 転職して環境を変える
  • 在宅勤務などの仕事をすること
  • フリーランスで働く

など、流されるのではなく、自分の人生を選ぶ選択肢も増えてきます。

男性と肩を並べて企業でバリバリ働くよりも、ワークライフバランスのとれた就業のほうが、これからの世代の価値観にはフィットするかもしれません。

自信がつく

最も大事なことはここかもしれません。

あなたが努力をし、実際にスキルを身につけたと言う実体験は、あなたに自信をもたらします。

あなたはたいしたことない人間ではない

自分でそう思わない限りは

メンタリスト DaiGo 心を強くする300の言葉

自信がつけば、行動も変わります。自発的に動くことにより、問題が解決する、あるいは本当の課題が見えてくることもあります。

 

ジェンダーギャップの解消を待っている時間は、私たちにはない

男女格差はもちろん良くないことです。

法のもとにも我々が平等であることは、保証されているはずですから。

しかし、欧米諸国のようにその仕組みが整い、 社会は変わるのを待っている時間は私たちにはありません。

それに、そんな他人任せな解決策に自分の人生を期待するのはリスクが高すぎます。

自分の人生は 誰かに期待するのではなく、自分で切り開く。その方が確実ですし、何より楽しいです。

不安を感じたらとにかく動こう。

不安は行動することでしか止められない。

メンタリスト DaiGo 心を強くする300の言葉

まとめ

女性・ママこそ勉強した方がいい理由
  • 転職・退職する可能性が男性より高いから
  • 低くなりがちな収入をあげられるから
  • 働き方の選択肢が広がるから

そして、もっとも重要なのは、自信がつくから