TOEIC

金のフレーズ進化版。金のセンテンスの特徴と勉強法

金のセンテンス??何それ?金のフレーズじゃなくて?

TOEIC教材で有名単語帳と言えば、言わずとしれた特急シリーズの「TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ」(通称:金フレ)です。

本屋さんのTOEICコーナーに絶対平積みされている、金の表紙のアレです。

ところで、2019年に、シリーズ最新刊、「金のセンテンス」が発刊されていること、ご存じですか?

2019年の10月にTOEICの勉強を再開した私ですが、実は金のセンテンスの存在を、それまで知りませんでした。

ある英語学習の動画でそれを知り、

Yomeko
Yomeko
え、これ良さそう!

と、早速購入して使っています。

てわけで、本記事では金のセンテンスについて説明していきます。

本記事の内容
  • 金のセンテンスとはどんなもの?ほかのシリーズとの違いは?
  • 金のセンテンスの勉強法

出る単特急 金のフレーズ、シリーズ3作を紹介。

現在発行されている TEX 加藤先生のTOEIC 特急シリーズの単語帳は以下の3冊です。

特徴を以下にまとめます。

金のセンテンスの特徴

金のセンテンスの最大の特徴は、文章で覚える形式ということです。DUO3.0をご存じの方は、DUOのTOEIC版と考えていただければイメージしやすいかと思います。

サンプル画像

朝日新聞出版 HPより画像引用

このように文章の中にTOEIC頻出の重要語が複数含まれています。金のフレーズと同じように、取り上げられている単語は、どれもTOEICにて見かけるものばかり。

100回以上TOEICを受験し、でてきた単語を毎回集めて、データベース化しているという著者:TEX加藤先生が選びぬいた無駄のない単語シリーズです。

また、文章で覚えることにより、単語単体でなく、文の中での使われ方(語法)も同様に習得できるのもメリット。

文章の23wordsはPart5にでてくる文章の最大数に合わせたそうで、とことんTOEICにこだわって作られた1冊です。

シリーズの中で、どれをやるべき?

イメージとしては、

  • 金のフレーズ:王道。
  • 銀のフレーズ:金のフレーズの基礎固め(やさしい)。形式は同じ。
  • 金のセンテンス:形式が異なる。金のフレーズ終了後の強化、あるいは、文章で覚えたい、TOEICと同じく英→日形式で覚えたい

あくまで目安ですが、

現在の総合得点が500点以下の場合、まずは「銀のフレーズ」で基礎的な単語を身につけましょう。

それ以上の場合は、上の表の特徴を見比べて、自分の好みの勉強スタイルに合うものを選びましょう。

決め手やこだわりがない場合には、まず金のフレーズに取り組むことをオススメします。

金のセンテンスの勉強法

具体的な勉強を説明します。

まずはじっくり1周して内容を理解し、その後、何周も音読とシャドウイングを繰り返すのが基本的なやり方です。

じっくり取り組む1周目

音声と一緒に文章全体をチェック

リスニングが400点以上の方

最初は、文章を見ずに、各単語および文全体の内容がわかるまでリスニングしましょう。

金のフレーズとは違い、1文ごとに曲が区切られているので、1曲リピートで何度も文を聞くことができます。知らない単語を除けば、3回程度である程度分かるかと思います。

ディクテーションをするとさらに精度があがり効果的かとは思いますが、時間がかかりすぎるので、私はやっていません。挫折にもつながるので、おすすめもしません。

ちなみに、3回くらい聞いてもさっぱりわからない時は、↓のやり方ですすめましょう。

リスニングが395点以下の方

音声を聞きながら、文章をチェックしていきましょう。

わからない単語、聞き取れなかった単語をチェックする

知らなかった単語、聞き取れなかった単語にチェックをいれましょう。文中にハイライトしても、その下の見出し語のチェックマークに入れても構いません。

Yomeko
Yomeko
各見出し語の下のコメントも、TOEIC攻略に役立つ知識が満載ですので、読んでおきましょう。

わからない単語が、7割以上ある場合は、先に初心者向けの「銀のフレーズ」に取り組みましょう。

あまり無理をしても、継続することが難しくなります。

精読して意味を確認する

単語だけでなく、文章の構成も確認しておきましょう。

日本語訳と照らしあわせながら、どこが主語で、どこが修飾なのかなどを見ていきます。理解も深まりますし、Part5の理解力をあげるのにも役立ちます

ひたすら繰り返す2周目以降

50~100文程度に区切り、音読を繰り返す

1周目が終了したら、あとひたすらは反復です。

文章を音読して、知らなかった単語を復習します。2~3回繰り返し読むか、1回ずつ読んで2~3周するようにしましょう。

できる方はシャドウイングしながらやると、さらに効果が増します。

360文は多いので、50~100文程度に分けて取り組んだ方が定着します。

取得した単語をプレイリストから外し、わからない文を集中的にやる

完全に取得した文は、プレイリストから外し、未定着の文の練習頻度をあげましょう。

私が取得したと考える目安は

  • 音声を完全に聞き取れ、意味も理解できる
  • 日本語から英語に翻訳することができる

の2点です。

英語は、勉強(知識)が半分、練習(実践)が半分です。反復練習は、英語の瞬発力を爆あげしてくれます。

 

隙間時間の英語学習には、アプリ abceedをがオススメ

私は通勤時間に金のセンテンスを反復学習していました。

そこで便利だったのが、abceedアプリ

音声を聞くだけでなく、アプリだけで勉強ができるのがいいところ。

隙間時間にさっとスマホを出すだけで、学習ができます。

study-app
音声とマークシートは無料!英語教材アプリ abceed って何ができるの?英語学習アプリABCeed。無料と有料でできることの違い。使用感...

金フレシリーズでTOEICの点数はあがるのか

もちろん単語力が高い方が点数は上がります。しかし、単語力だけでは高得点は難しいでしょう。

文法も学ぶ必要がありますし、 精読した上で文章をたくさん読む練習も、 スピード勝負の TOEIC では欠かせません。

ある程度単語を先にインストールして、問題を解きながら他の知識の吸収+単語の定着が効率良いやり方です。

2019年10月に購入して、絶賛取り組み中ですので、 実際どのぐらい効果がありそうかは、12月の受験後に改めて報告したいと思います。

【追記】

2019.10~2020.1月まで金のセンテンスに取り組み、元は845点だったのですが、12月:880点、1月:935点とジャンプアップしました。

この間にやったのは、

①金のセンテンス ②精選模試 リーディング ③公式問題集 の3つ

感覚的には、リーディングで分からない単語は10個以下。リーディングの時に単語で引っかからないので、試験時間も10分くらい余りました

やはり、金のセンテンス/金のフレーズは絶賛おすすめです!

Yomeko
Yomeko
TOEIC学習中の皆様、 一緒にがんばりましょう
アイキャッチ
TOEICの単語帳といえばコレ。金のフレーズの勉強法。TOEIC単語帳人気ナンバー1の「出る単特急 金のフレーズ」略して金フレ。勉強法を解説します。...