TOEIC

隙間時間攻略が社会人英語学習の鍵。私が使っている教材紹介

sparetime
心配さん
心配さん
英語を勉強はしたいけど、時間がないんだよなー・・・。

忙しい社会人が勉強をしていく中では、机に向かう時間を確保したうえで、隙間時間を利用した学習が必須となります。

なぜ必要なのか、何をすればいいのかをこの記事で解説します

社会人の勉強いつやる?勉強時間を作り出し、習慣化する5つの手順忙しい社会人が、勉強時間を作り出し、習慣化する5つの手順について説明しています。...

隙間時間学習が必要な理由

結論から言いますと、 

目的を達成するには、それなりの時間をかけなければいけないから

忙しい現代人はまとまった勉強時間を確保するのが難しいから

それぞれ説明していきます。

①目的を達成するには、それなりの時間をかけなければいけない

ここでちょっと英語について考えてみましょう。

英語がそこそこできるようになるために必要な時間は、1000時間とよく言われています。つまり、もし1年で英語を身につけると考えると、単純計算で1日に3時間の勉強をしなければなりません。

TOEICだけを目標にしたとしても、少なくとも数100時間の勉強は必要。

さて、それだけの時間がとれる社会人がどれだけいるでしょうか?

②忙しい現代人はまとまった勉強時間を確保するのが難しい

人それぞれ状況は違いますが、現代人はとにかくやることがたくさんあります。仕事が忙しく残業があったり、育児や介護、家事で忙しかったり、趣味があったり。

勉強という言葉が出てきた時に、一番よく聞く言葉が

でも、忙しくて時間がない…

というものです。

実際、私自身も、まとまった時間を、毎日1時間以上確保をすることは困難です。

ですから、隙間時間を活用することは必須なのです。

机に向かう時間が取れなくても、使える時間というのは必ずあります。

そこを見つけて、勉強時間を少しでも積み上げること、そして、それを習慣にしていくことが社会人の勉強の鍵です。

Yomeko
Yomeko
特に語学学習は、隙間時間学習と相性が良いです!

隙間時間にやることは、事前に決めておくのが重要

パターン別、わたしが隙間時間にやっていること

隙間時間は文字通り「すきま」つまり、少しの時間しかないので、やることは事前に決めておいて、さっさと取りかかるのがコツです。

一口に隙間時間と言っても、何パターンか状況は考えられます。自分の日常で発生するパターン別に準備しておきましょう。

一例として、私がやっている教材を、紹介します。

今はTOEICの900点を目指しているので、基本すべてTOEIC教材です。(2019.10月現在)

①本が開ける時 

例:空いている電車内

Yomeko
Yomeko
手持ちサイズ(A5くらい)の本で勉強できます。隙間時間なら、単語帳や1問1答式のものがおすすめ

・特急 出る単シリーズ(金のフレーズ/金のセンテンス)

できるだけリスニングとセットで。

聞き取れるまで聞いて、文を見て聞き取れなかった単語、知らない単語を確認してちます。

②スマホしかみれない時

例:混んでいる電車、10分以下の待ち時間

Yomeko
Yomeko
アプリ学習や電子書籍(kindle)など

特急シリーズ Kindle版を1問ずつ解く。(文法特急)

時間を測って解くのは家でやっておいて、隙間時間にちょこちょこ復習をすすめていきます。

間違えた問題には、ブックマークをつけておいて、一周したらそこは集中的に復習します。

③耳だけ空いている時

例:歩いているとき、家事中

Yomeko
Yomeko
リスニング/シャドウイングをしましょう

TOEICの公式問題集のpart4音声などをシャドウイングします。

他に私が良く聞いているのは、EnglishJournalの音声。TOEICばかりだと飽きてしまいますよね。

ネイティブスピードなので、高地トレーニングとしても◎。

自転車にのっている時にイヤホンで聞くのはやめましょう。危ないですし、地域によっては条例違反にもなります。

④やる気がいまいちな時

英単語アプリ:mikan

iPhoneはこちら

Androidはこちら

クイズ気分で4択問題やってます。間違えたら、苦手な単語で復習ができますし、1ターン10単語と短いので、気楽に取り組めます。

隙間時間「だけ」では成長しない

隙間時間を活用することは、時間を積み上げる点で有効ですが、やはりある程度まとまった勉強時間をとることは必要です。

ひと昔前には、聞き流し英語のようなものが流行りましたが、聞いているだけで英語がしゃべれるようになるのは幼いこどもくらいかと。

あくまで、補助的な積み上げと考えておきましょう

隙間時間をうまく活用して、勉強を継続していきましょう。