タイムマネジメント

モチベーションに頼ったら負け。社会人の勉強は自分時間の予約で習慣化

time
男性の口コミ
男性の口コミ
モチベーションが続かない。

よく聞く悩みですね。英語に限らず、ダイエットでも、運動でも、仕事でも。

しかしモチベーションはあてになりません。

【結論】

×:モチベーションをあげる

〇:モチベーションがなくても、行動できる仕組みを作る(=習慣化)

こんな方におすすめ
  • やりたい気持ちはあるのに、行動できない
  • 三日坊主になってしまう
  • モチベーションがあがらないのが悩み

モチベーションなんてあてにならない

ためしにモチベーション と検索ボックスに入れてみると、以下のようなキーワードがわらわら。

[モチベーション アップ]

[モチベーション あげ方]

[モチベーション 維持]

いかにモチベーションをあげるか、モチベーションを保つかの答えを模索している方が多いかがわかります。

ここでちょっと考えてみましょう。

なにか物事を始めるときは、あえてモチベーションを高める必要はありませんよね。始めようと行動を起こす時点で、やる気は十分にある状態。

女性の口コミ
女性の口コミ
毎日やれば、英語がペラペラになって、海外とかいってー…。

と夢も膨らむばかりです。

しかーし、そんな状態は長くは続かない。だんだん飽きてきて、テキストを開くのが億劫になり、いつか諦めてしまう。

三日坊主という言葉も生まれるくらい、長続きしないというのは、昔から人間が繰り返してきた悲しい特性 なのでしょう。

ちなみに英語ではEasy quitter (すぐやめる人)といいます。

まさに、万国共通の悩みなんですね。


もし、あなたが自分のことをモチベーションが続かない人と考えているなら、もうその悩みは捨てましょう。人間なら当たり前です。

で、モチベーションは続かないものというのはわかった。

心配さん
心配さん
じゃあどうすればいいの?

created by Rinker
サンクチュアリ・パブリッシング

継続に必要なのは、モチベーションでなく習慣の仕組み化

脳に考えるスキを与えない

解決策はタイムブロッキングです。つまり予定の先取りです。

いつ、何を、どうやると決めて、その予定をスケジュールに入れてください。

仕事で考えてみましょう。

あなたがもし取引先に13時に行く予定があるとしたら。13時前に取引先に行きますよね。
12時過ぎてから 

「どうしよーかな、いこーかな、やめよーかな」

ってなりませんよね?

「どーやっていこうかなー。電車かなー。タクシー?」

って、なりませんよね??

遅刻してしまいます。

仕事ならできるんですよ。手段も迷いません。慣れないところなら、事前に検索して当たりをつけたり、それなりの準備をしておきますよね

同じことです。自分で決めたことに対しても、同じことをしてください。

つまり、

自分の時間を予約して、ブロックしてください。=タイムブロッキング

後から予定を入れてはだめです。

お客さんに対してはそんなことはしませんよね。就職の面接の日に友達を予定をいれたりもしませんよね。それと同じです。

9時~10時はお勉強タイムと決めたらそこはお勉強タイムです。気がむこうが向くまいが、そこはお勉強タイムです。

やろうかな~とか考えなくていいです。

やってください。

特に大事なのがいつやるかです。

他人の影響を受けないような時間帯にすること。

例えば、定時に帰って夕食後にやる、だと、仕事が終わらなくて残業したり。こどもが寝てからやるだと、なかなか寝付かなったり。

予定通りに取りかかれないと、イライラや焦りも生まれますし、もういいやと挫折しかねません。

ですので、

  • もし朝が弱くなければ朝
  • 出勤前のカフェ勉
  • 昼休みの食後の時間

など、確実にとれる時間を設定しましょう。

英語学習は隙間時間と相性がいいので、忙しい社会人には隙間学習をとのコメントもよく見かけますが、隙間時間だけではやはり目標達成はきついです。

効率を考えても、最低1日30分はがっつりやる時間が必要かと思います。 加えて、隙間時間も活用して、補っていくイメージです。

また、何をやるかも気分によって変えずに決めておきましょう。 迷っている時間が無駄です。

今月は朝起きたらこのテキストをやるなどと計画してたら、起きたらそれをやればいいだけです

始めるまでのステップは極限まで減らす。

感情のエネルギーを使うなら、やる気よりも危機感

最後に、感情の影響についてもお話ししておきます。

やると決めたらタイムブロッキングにて、モチベーションがあろうがなかろうがとりあえずやる。

しかし、感情を味方につけておいたほうが有利なのも、また事実です。

その場合ワクワク感よりも危機感の方が行動に繋がります。

つまり、

わくわくさん
わくわくさん
英語ができるようになったら海外旅行が楽しそう。
映画を字幕なしで楽しみたい!

よりも

心配さん
心配さん
30過ぎたのにこれといったものがない。このままでいいのかな?
転職なんてできないから、希望しない職種や支店に異動になっても従うしかない。
もし、旦那が転勤になったりしたら、どうしよう…

とのほうが行動につながるということです。

このネガティブ満載のコメントは実際に、私が悩んだ内容です。

将来低くない可能性でおこりうる現実をリスクとしてとらえ、行動に移せました。

※これは、心理学的にも証明されています(損失回避バイアスといいます)

英語に限らず何かを始めるのであれば、それをやることのメリットと一緒に

やらないことのデメリットを考えることをオススメします。

まとめ

継続に必要なのは、モチベーションでなく時間枠の先取り。タイムブロッキングで確実に習慣化しましょう。

勉強に限って言えば、継続して十分な時間を積み上げれば、かならず目標は達成します。一緒にがんばりましょう!