英語力×転職

後悔しない転職の第一歩。転職の軸を考えよう

転職活動って何からはじめたらいいの?
転職で失敗したくない
Yomeko
Yomeko
まずは転職の軸を決めましょう。

本記事の内容

  • 転職の軸とは何か?
  • なぜ考える必要があるのか?
  • 転職の軸はどうやって決めるのか?

転職の軸とは、転職の目的と必須条件

転職で後悔してしまったり、なかなか仕事が決められないことの原因には、転職の軸がしっかりしていないことがあります。

つまり、自分にとっての望みや優先順位がはっきりしていない状態

転職の軸は以下の2つで考えられます。

転職の軸とは
  1. 転職の目的
  2. 譲れない条件

転職の目的とは、あなたが転職で何を叶えたいのかということ

例)年収アップ、残業の少ない仕事、新しい分野への挑戦、etc.

譲れない条件とは、転職をするに当たっての必須条件

例)引っ越しはできない、土日は働けない、etc.

転職の軸を決める理由

なんで最初に決めなくてはいけないの?
Yomeko
Yomeko
後悔しない転職をするためです

転職活動は、実際に取り組むとなかなか大変です。時間を割いて書類を作成したり、面接に行ったり。

体力的にもキツいと思いますが、それ以上にメンタルに来ることが多いです。

何社応募しても不採用。なんてことが続くと届くと、

自分が今までしてきたことは意味がないのか
自分は無価値なんじゃないか

と思えてきたり…。

そんな時、面接に進んでいる会社があったらどうでしょう?

絶対に逃したくない

という気持ちになるのは当然のこと。

そこで、希望を違う条件を言われたら…?

このように、大変な状況では気持ちが揺らぎやすくなるもの。

自分の中で転職の軸が定まっていないと、妥協して流されてしまうこともあるかもしれません

しかし、転職活動の目的を達しない妥協した選択は後悔の元。

  • 希望条件にこだわり続けるとチャンスを逃すかもしれない
  • 妥協してしまっては採用後に後悔したり、生活のバランスがくずれたりするかもしれない

ということのバランスを取らなければなりません。

だから、事前に転職の軸を考えておくことが重要

転職の軸を考えよう

では、実際に転職の軸を考えていきましょう

転職の目的を考えよう

Yomeko
Yomeko
転職でかなえたいことはなんですか?

あなたが転職をしたいと考える背景には、何か「変えたい」と思っていることがあるはずです。

そこを言語化しておきましょう。

例えば

収入をあげたい

プライベートの時間を増やしたい

キャリアアップがしたい

専門性を活かせる仕事がしたい

なぜこれを言語化するのかというと、そもそも目的地(ゴール)が決まらないと、どんな条件の仕事を探すべきかもわからないし、その妥協点も定まらないからです。

どんなことを叶えたいのか、どんな仕事生活が理想かをまずは書き出していきましょう

人間関係を変えるために転職したいなら

「職場の人間関係から抜けたい」というのは、いちばんよくある転職の悩みです。

転職理由ランキングの上位には、いつも「人間関係」があります

しかし、どこに行っても合わない人には出会うもの。避けようと思って避けられるものでもありません。

ですので、人間関係に悩んで環境を変えたいなら、具体的にその人間関係のどんなところが嫌なのかを考えていきましょう。

  • ノルマが達成できなくて言われるのが嫌 →ノルマのない仕事
  • 仕事をちゃんと教えてもらえない →教育制度がしっかりしている
  • 自分の裁量で仕事がしたい →チームワークよりも個人色が強い仕事
  • がんばっても認めてもらえない →成果報酬制がある

やりたくないこと・いやな事の裏返しが自分の求めるもの.

それを転職の目的として設定していきましょう。

譲れない条件を考えよう

転職をするうえでの希望条件を書き出します。

この条件は、さきほどあげた転職の目的を実現するために必要なものは何かで考えていきます。

例えば

「今よりプライベートの時間を充実させたい」

ならば、考えられる条件としては

  • 通勤時間が短い
  • 残業が少ない
  • 土日は休み

などがあげられますね。

転職の条件には優先順位付けをする

希望条件は上げだしたらキリがありません。

年収はできるだけ高い方がいいし、休みだって多い方がいい。

でも、全てを叶える職場というものは存在しないもの。

ないものねだりをしてしまうとどこまでも理想を追い求めるだけの転職活動になってしまいます。

ですので、条件をたくさん挙げたらそれを整理します

希望条件に優先順位をつけること

絶対に譲れない条件だけは決めておくこと

これによって、自分の中の妥協範囲が見えてきます

Yomekoの転職時の条件

参考に、私が実際に転職した際の条件をあげておきます

絶対譲れない

  •  今の家から通えて転勤なし
  •  土日出勤なし/残業なし
  •  こどものために休みが取れる
  •  英語を使う仕事
  •  業務で車を運転しない

妥協してもよい

  • 現状収入の維持(希望年収と最低年収の2つを設定)
  • 雇用形態(希望は正社員だが、そうでなくとも)
  • ルーティンではない仕事

こだわらない

  • 職務内容(技術系でなくていい)
  • 企業規模

内容は人それぞれ。転職の目的によって異なります。

Yomeko
Yomeko
あなたも自分自身の転職の目的と条件を考えてみましょう

まとめ

後悔しない転職をするために
  • 転職活動の軸を考えよう
  • 転職の軸①転職する目的
  • 転職の軸②譲れない条件
  • 軸は途中で考え直してもOK
  • 主体的に考えながら行動するのが成功のコツ

転職の軸を決めたら、転職エージェントに相談しよう

転職の軸を考えていると、新しい未来や環境にワクワクしてきますよね。

とはいえ、その希望や条件がどのくらい現実的かを見極める必要があります。

転職の軸が決まったら、転職エージェントと相談しましょう。

  • いまの転職市場の傾向
  • 自分のスキルで活かせるもの
  • 自分が考えた目的や条件などは合理的か、もっといい方法があるか。

などなど、プロのアドバイスを取り入れることで、さらに具体的にやるべきことが見えてきます。

おすすめ転職エージェント

\登録・相談にお金はかかりません/

リクルートエージェント

doda