英語学習

せっかく勉強しても使う機会がない!?日本にいながら英語を使う方法

日々コツコツ英語の勉強を頑張っている。TOEICの点数もだんだん上がってきた。

でも、最近こんなふうに感じている。

せっかく英語を頑張っているのに、勉強ばかりで全然英語を使う機会がないなぁ

そんなことはありませんか?

英語を初めた最初のころは、中学英語の復習勉強して、問題解いて…だけで精一杯。

しかし、TOEICの点数ものびてきて、そろそろ実践も…と考えるころ、この悩みにぶち当たります。

だって、日常生活の中で英語が必要な場面なんてそうそうありませんから。

え、私の英語、どこでつかえばいいの?

英語に依存せずとも、経済を回すことができる、日本の英語学習者ならではの悩みかもしれません。

(将来的に下がるとは言われていますが、現時点ではまだ世界3位の経済大国ですからね…)

でも、安心してください。

海外旅行に行かなくても、日本の中で英語を使う機会はあります。あなたはただそれを知らないだけ。

そこで、本記事では、日本にいながら英語を使う方法について書いていきます

こんな方におすすめ
  • せっかく学んだ英語を使いたい
  • 日本で英語を使う機会がなかなか見つけられない

日本で英語を使いたいなら、英語が使われている場所にいくこと

まず、あなたが普段生活している中で、英語を使う場面がないのであれば、英語を使う機会が自然に訪れることはありません

よく本などに書かれているような、「駅で困っている外国人に道案内する」というシチュエーション。
経験がある方はどれくらいいるでしょうか?

smile

私は通勤に電車を使ってますが、たった1回だけ

都市部に住んでいる方でしたら、もっと多いかもしれませんが、安定して英語を話す機会にするというのは難しいですよね。

ですので、英語を使いたいのであれば英語が使われているところに行くことが必要です。

日本で英語を使う方法

では、実際にどんなものがあるのか、以下のような種類があります。

  1. 英語を話すサービスを利用する
  2. 外国人や英語学習者の集まるところに行く
  3. 英語を使う仕事やボランティアに参加

英語を話すサービスを利用する

まずは、英語を話すサービスを利用することです。

  • オンライン英会話
  • 英会話教室
  • AI アプリ

学習者向けに作られているので、教材が親切だったり、先生が教えることに慣れているということがメリット。

オンライン英会話

はじめの一歩として一番おすすめなのが、オンライン英会話。

いきなり、マンツーマンで英語を話すなんて、ハードルが高い

と思われるかもしれません。

しかし、一番のポイントは自分の立場が生徒という点です。

うまく言葉がでなくて沈黙してしまっても、ブロークンな英語でパニクっても大丈夫。

普通の会話なら気まずくなってしまいますが、先生にとってはよくある光景なので問題ありません。

Yomeko
Yomeko
わたしも最初にオンライン英会話をやった時はしどろもどろでした

これがもし、英語を話す人複数人のグループに入っていくとしたらどうでしょう?

気おくれして黙ってしまい、チャンスを逃してしまうかもしれません。

まずは、ゆっくり自分のペースで始められること、たくさん話して失敗できること

それができるのが、マンツーマンのオンライン英会話のメリットです。

加えて、カタコトでも外国人と英語を話せたという体験は、自信にも繋がりますし、うまくいかなくてもそれがモチベーションになります。

でも、オンライン英会話ってたくさんありすぎて選べない

わたしのオススメのオンライン英会話は以下の3つ。

ネイティブキャンプ 【Cambly(キャンブリー)】ビズメイツ
最低料金\6,480~
(レッスン受け放題)
\3,190(週1回15分)
\28,990(毎日30分)
\13,200~
(毎日 25分)
予約追加料金無料1日1回まで無料
講師全世界英語ネイティブのみフィリピン
ビジネス経験者のみ
ビジネス教材ありありビジネス特化
時間24時間
予約不要
24時間
予約不要
5時~25時
自習教材ありあり
レッスン録画なし自動可能
レベルチェック毎月スピーキングテスト可能
(AIによる)
なし初回に診断
オススメな人とにかくたくさんレッスンを受けたい
なるべくコストは押さえたい
ネイティブ講師がいい
自分の予定に合わせレッスンを組みたい
ビジネス特化のレッスンを受けたい

こちらの記事にもまとめていますので、合わせてご覧ください。

Yomeko
Yomeko
ちなみに私はNativeCampを使っています



英会話教室

英会話教室も、生徒として英語を話せる場の1つ。

教室に通うメリットは

  • 同じ教室に通う英語学習者仲間ができる
  • 強制的に英語を使う時間を持てる
  • グループレッスンで他の人の英語を聞くのも勉強になる

グループで行われることが多いのが英会話教室の特徴。

通うことによって、習慣づけるきっかけになったり、仲間が増えたりすることもいいところです。

ただ、週1回程度の英会話だけでは上達しませんので、自主的に自宅で練習などをする必要があります。

練習は自宅、実践が教室となるとメリハリもつきますね。

外国人や英語学習者の集まるところに行く

英語を話す機会を求めているのは、あなただけではありません。日本では英会話をする機会がなかなかないという悩みは多くの人が持っています。

そんな人と出会ったら、お互い英語を話す機会が持ってて願ったり叶ったりですよね。

では、どこで出会うのか、例えば以下のような場所です

  • オンライン
  • MeetUp
  • 言語交換アプリ
  • 英会話カフェ

オンラインコミュニティ

外出自粛などが続いている中で急激に増えたのが、オンラインでのサークルやコミュニティです。

Zoomなどを使っていることが多いので、地域を気にせずに集まれるのがメリット。

バイリンガルのJUNさんがやっているHAPA英会話などが有名ですね。

Yomeko
Yomeko
わたしもオンラインコミュニティの仲間と英語でお喋りを楽しんでます

Meetup

Meetupでは、様々なイベントが開催されています。

Language & Cultureなどのカテゴリで探すと、言語を学んでいる人同士や国際交流のイベントが豊富にあります。

Meetupの良いところは、自分の住んでいる地域の近くでイベントを探せるところ。

最近はオンラインでのMeetupもでていますので、自宅から参加可能なものも。

英語を使う機会としても良いですし、英語学習者同士でつながるきっかけにもなります。

ちなみに、私の英語の先生(アメリカ人)は、

東京にいけば外国人なんてそこら中にいるから、話しかけてみればいいよ~haha

な~んて言ってましたが、なかなか日本人には難しいですよね…。

ですから、MeetUpのような場を活用しましょう。

言語交換アプリ Hello talk

Hellotalkは、無料で使える言語交換アプリです。(一部機能有料)

言語交換とは

  • 英語を学びたい自分の英語を添削してもらう
  • 自分は、日本語を学びたい人の日本語を修正する

というものです。

Hellotalkでできることは、

  • 投稿して、英語を添削してもらう(音声も投稿できる)
  • 個別チャットや会話をしてみる。
  • 誰かの日本語を添削してあげる

世界中からログインがあり、メンバーも多いので、Please correct me のタグをつけておけば、確実に添削してもらえます。

Yomeko
Yomeko
無料でネイティブの添削が受けられるなんて!
HelloTalk ハロートーク - 英語 勉強 アプリ

HelloTalk ハロートーク – 英語 勉強 アプリ
posted withアプリーチ

このアプリは1つだけ注意点があります。

出会い系目的のユーザーに注意!

無料だからか、出会い系のように考えている方も少なからずいるようです

設定で検索を制限したり、ブロックなどで対処するなど相手にしないよう気を付けましょう。

英会話カフェ

英会話カフェは英語を話したい方が集まるカフェ。特に都市部に多いです。

先生はいませんが、みんな英語を話したいという同じ目的で来ているので、会話もしやすいです。

Yomeko
Yomeko
最近はコロナウィルス感染対策の影響で、オンライン英会話カフェも増加中

予約が必要なカフェもありますので、事前にHPなどを確認してから来店しましょう

中には、会話をしてくれるスタッフさん(外国人)がいてくれるようなカフェもあります。

↓LanCulのようなカフェは、より初心者さんにおすすめですね

英語を話す仕事やボランティア

これまで書いてきたのは、どちらかというと、英語を学ぶという学習者視点のもの。

一方、英語を、目的→ツールにする。つまり、英語だけに焦点をあてるのではなく。英語を使って活動をすることもできます。

たとえば、以下のようなもの。

  • ボランティア
  • 英語を使う副業

ボランティア

英語力が必要なボランティアは日本国内にもあります。

特に多いのは、外国人旅行者などを対象にした観光案内など。

お金をもらって観光案内をするためには、通訳案内士という国家資格が必要ですが、ボランティアであればその制限はありません。

地域の国際交流団体などで、募集があることが多いです

また、家族の理解があるなら、留学生の受け入れるボランティアなども。

Yomeko
Yomeko
英語だけでなく、異文化交流の機会にもなりますね

英語を使う副業

ボランティアだけでなく、英語を使う仕事クラウドソーシングなどのサービスなどもあります。

もちろん報酬が発生するのであれば、お勉強気分で取り組むわけにはいきません

責任感をもって真剣に取り組む分、英語力もあがるでしょう。

接客業や通訳・翻訳に限らず、学生の試験の添削海外サイトからのデータ収集など以外といろいろな案件があります。

詳しくは以下の記事なども参考にしてみてください。

英語で在宅副業
英語スキルを活かそう。在宅でできる英語の副業をパターン別に紹介。英語を使う副業の中でも、PCなどを使用して在宅でできる仕事に絞って紹介していきます。...

まとめ

日本にいると、日常生活で英語を使う機会はほとんどない気がしますよね。

それでも、英語を使える環境はさがせばちゃんとあります。

日本で英語を使いたいなら
  • オンライン英会話(イチ押し)
  • 英会話教室
  • 言語交換アプリ Hello talk
  • Meetup
  • 英会話カフェ
  • ボランティアへの参加
  • 英語を使う副業
Yomeko
Yomeko
せっかく学んだ英語なら、ぜひ、使っていきましょうね
どれだけ勉強しても自信がない?学ぶから使うへのシフトが英語力と自信を向上させる英語力を向上させたいなら、英語を勉強するということに集中しすぎるのではなく、英語を使うことにシフトするのが、おすすめ。使って初めてあなたの英語は活きてきます。...